Today: Yesterday: Total: (since 2005.1.17)
Created in 0.0231 sec.
最近のコメント
トラックバック

カテゴリー » 花粉症と食事 » その他 January 30, 2005

花粉症とバラの花びら抽出物 ID:1107054986


バラエキスのオイゲニインが有効成分の1つと考えられており
他成分との相乗効果である可能性が大きいことを東洋発酵の研究で明らかになったとのこと。


ちなみにオイゲニインとは、タンニンの一種でタンニンとは
分子内に多くのフェノール性水産基を含む物質。


タンニンを過剰に摂取すると便秘を起こす(便秘の原因物質の一つ)
下痢止め薬として用いられるものがあるが、タンニンのこの性質を利用したものとして、
民間薬として用いられたようだ。
ポプーローズという名称で花粉症対策として売られている。


また花粉症対策の薬としてはバラとシソが含まれているアレピタッ!なども市販の薬としてよく売られている。
(上記の薬の説明は
「花粉症の飲み薬」
http://midilin.sakura.ne.jp/kahun/index.php?mode=show&UID=1110242599
で副作用の無さや使われている成分を説明)


参考URL
http://bellfine.com/haru1ban.html
http://www2.odn.ne.jp/~had26900/constituents/what_is_tannin.htm(タンニンの説明)
— posted by midilin @ 12:16PM | Comment(0) | TrackBack(0) 

コメントをどうぞ。名前(ペンネーム)は必須です。URLはオプションです。

Comment Form
名前(ペンネーム): 文字色:
リンク作成 »
下のアイコンをクリックするとテキストエリアに挿入できます
:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

←メールアドレスを入力しておくと midilin がレスをした際に通知します: