Today: Yesterday: Total: (since 2005.1.17)
Created in 0.0426 sec.
最近のコメント
トラックバック

[ カテゴリー » 花粉症と食事 » その他 ]

カテゴリー » 花粉症と食事 » その他 March 17, 2006

花粉症とつくしエキス・つくし飴 ID:1142561163


花粉症につくしエキスが効くかも、今年初めて聞いた話題である。
(この「花粉症とつくしエキス・つくし飴」の記事は2006年2月7日に掲載し、3月17日に加筆したものである)


日本大学が、スギ花粉症にはつくしエキスが効果的として、
つくしエキスを混ぜたアメを開発したようだ。


3年間で100人以上の試食調査を経て商品化し、
徳島県の製薬会社が今春発売するとのこと。


しかしつくしエキスがなぜ症状を抑えるのかは、日大の研究機関でも突き止められていないらしい。


 新商品の名前は「つくし飴」で、
漢方薬などの製薬会社「池田薬草」(徳島県池田町)が発売し
技術は日大が開発し、特許も申請中のようだ。


日大文理学部の島方洸一学部長が趣味にしている山菜採り
自身が重度の花粉症だった島方氏が98年春、
採ってきたつくしを調理して食べたところ、症状がピタリと止まったという。


2000年に薬学部が研究に乗り出し、抽出したエキスに抗アレルギー物質があることは確認したようだ。
しかしこの物質と即効性との因果関係は分からないとのこと。


(2006.3.17加筆)
今朝のTVズームインスーパーで、この花粉症対策としてつくしエキス飴が紹介されていた。
読売新聞解説委員の辛坊さんによると、
50人の人間に積んできたつくしを食べさせたところ
6割の人間が花粉症が改善されたということがわかったらしい。
(もしかしたら50人ではなかったかもしれないが、私はそう記憶している)


既にどこのショップにいってもこのつくし飴は売り切れになり楽天でつくし飴を検索しても
ケンコーコムでつくし飴を検索しても
すべて品切れであるが(2011年現在はある)、そのうち入荷するだろうから
欲しい方は随時チェックをしてみるのもよいかもしれない。
また、電脳卸でのつくし飴については在庫は今現在はないが
仕入れは可能で発送は3日〜4日と書いてあったので問い合わせをしてみるのもよいかもしれない。


ところで、つくし飴が手に入らない人はつらいだろうから、
今日はせっかくなのでつくしを使った料理を調べてみた。


●つくし飯


つくし飯の作り方としては、
つくしのはかまと胞子穂を取って、熱湯に塩少々を入れ1〜2分ゆでてから、
1時間くらい水にさらししょうゆ、酒、みりんなどで薄く下味をつけておいたあと
ご飯は油揚げなど好みのものをいれて、薄めの塩味で炊き、炊きあがる寸前に下味をつけた
つくしを入れて蒸らすことでできるらしい。


●つくしのおひたし


食用にするのは、ごく若い10cm位までのもので、節々のはかまを取り除き、
流水でよく洗った後、熱湯でさっとゆで、冷水にとって水気を切ってから、
椀種やおひたしにひたすらしい。
苦みがやや強い味なので、気になる場合は、ゆでる際、少量の重曹を加えるとのこと。


●つくしの炒め物


つくしのはかまを取ったらさっと水で洗い、サラダ油をひいて炒め
油がなじんだら醤油・砂糖で甘辛くして
火が通ったら完成。
調味料の分量は、両手一すくいほどのつくしに対し醤油を二回しほど、
砂糖は小サジ1ほどとのこと。


●つくしのオムレツ

オムレツは私も好きだから、つくしがあったら私もやってみたい。
他の料理法と同様、つくしのはかまを取り、さっと洗ってから、
たっぷりの沸騰したお湯の中へ入れて、2〜3分煮出して、つくしのあくをとるそうだ。


そのあと水を切り、2,3cmに切り、具をいためるそうだ。
参考先のURLにも記述してあるが
この方のレシピは菜の花とベーコンを用いて
菜の花をゆでたものとベーコンの千切りを
フライパンでいためたものを加えていたそうだ。

具は好みによって他のものを加えるのもよいだろう。


最後に塩コショーを振り、マヨネーズを加えて混ぜ合わせたら、一度取り出し
フライパンに油をひき、玉子に牛乳大1を加えて混ぜたものをいれる。
この辺りは普通のオムレツの作り方と一緒であると思う。
我が家ではサラダ油のかわりにマーガリンを使ってオムレツを作るがこれもウマイぞ。

半熟程度に焼けたら、玉子の真ん中にそっとのせて、オムレツになるそうだ。


 
●つくしのゴマハンバーグ


つくしのオムレツと同じ方のレシピである。
つくしは、はかまを取り、洗ってから、沸騰したお湯の中へ入れて、2〜3分煮出して、つくしのあくをとり
水をきって1〜2cmの長さに切るそうだ。
つくしのオムレツよりは細かく切った方がよいということだろうか。


それに、にんじん、生しいたけ、たまねぎをみじん切りにしたものと、
鍋に入れてヒタヒタより少な目の水を入れて火にかけ、さとう、酒、しょうゆ、みりん 各大2、塩 小1/2を加えて、
5分ほど煮込み、ザルに上げると、煮汁はアクが出ているので捨てて
あとは、ボールにひき肉を入れ、そこへを加えて、こね合わせ、
つなぎ用の片栗粉を適量ずつ加えながら、ハンバーグの種をつくるそうだ。

皿に白ごまを敷き、両面に、白ごまをつけ
最後に少し弱めの火で焼けばできあがるそうだ。


ハンバーグは我が家でも作るが、これもつくしが手に入ったらぜひやってみたい一品の1つである。
ハンバーグにしいたけを入れるのはよくやるが、
他の記事で書いたしいたけ
(「花粉症としいたけ(椎茸):アレキック」参考のこと)
も、花粉症への効果があるのかもしれないと認められてきたようなので
一緒にいっぱい摂取したいところだ。


参考URL
http://3001.jugem.jp/?eid=955
http://ameblo.jp/reportage/entry-10008794149.html
http://radcliffe.at.webry.info/200602/article_15.html
http://www.toriume.com/modules/weblog/details.php?blog_id=489
http://kenjiokuda.cocolog-nifty.com/blog/2006/02/post_a1f8.html#more
http://blog.goo.ne.jp/obasanfashion/e/6c7e2434c8ffe2cd550eb7ac32126d5c
http://blog.goo.ne.jp/korokoro-hirorin_2006/e/69751a04b743176ee32db0004dd321c3
(つくし飯の作り方)
http://www.town.misasa.tottori.jp/site/page/allindex/nouson/ajiwai/taste/tsukushi/
(つくしのおひたし・つくしの炒め物)
http://www.misbit.com/lounge/466.html
(つくしオムレツ・つくしのゴマハンバーグ)
http://www.gojo-sakura.com/npo/oz/ecocooking/ecocook_0403_tukushi.htm

— posted by midilin @ 11:06AM | Comment (42) | TrackBack (2) 

カテゴリー » 花粉症と食事 » その他 April 14, 2005

花粉症に効く米続報:スギ花粉の遺伝子を入れ替えた米 ID:1113440328


「花粉症に効く米の実用化、農林水産省発表」
http://midilin.sakura.ne.jp/kahun/index.php?mode=show&UID=1107910714
という記事を以前掲載、その米が2007年に実用化とあったが
TVでその詳細が報じられていた。


スギ花粉に効く米は、「遺伝子を入れ変えた米」であり、
実際には2010年を目処にしていること、
またアメリカの方などには遺伝子組み換え商品は当たり前のように使われているが
日本人には遺伝子組み換え食品に強い拒否反応があることから
その拒否反応を消すために、スギ花粉を消す米を開発することによってその拒否反応を消す狙いもあるとのこと。


参考は2005.4.13のズームインスーパーより

— posted by midilin @ 09:58AM | Comment (-1) | TrackBack (1) 

カテゴリー » 花粉症と食事 » その他 March 02, 2005

花粉症と泡盛 ID:1109771086


あるメーカーが発売している泡盛が花粉症に効果があると研究報告が報道されたことがあるとのこと。


(2005.3.2情報追加)
泡盛の名前は「請福酒造ファンシー
口コミで徐々に広がり、「症状がピタッと止まった」「目のショボショボ、鼻水が全くなくなった」と、花粉症で悩んでいる人から効果の声が多く寄せられた。冬場になると注文も急激に伸び、インターネットショッピングモール楽天市場の「焼酎・泡盛部門」では、昨年の花粉症がはやった時季に7週連続、この冬は昨年12月から11週連続でトップを走っている。
アルコール度数は35度、原料としてはタイ米を使用されており、花粉症に関する治験データ−が特許申請されている。
今年はすでに2万本販売し、1万本増産したとのこと。


3月2日現在、在庫数は95本になっていた。


参考URL
http://www.karacara.com/staff/kiyoshi/archives/2004/0407-1832.php
http://plaza.rakuten.co.jp/koujitu/diary/200412290000/
http://www.karacara.com/text/awamori/index.php#001321
http://blogsora.soramame.chips.jp/?eid=25461
http://jingsenn.exblog.jp/1708518
http://blog.livedoor.jp/buchinet1975/archives/15477023.html

— posted by midilin @ 10:44PM | Comment (4) | TrackBack (5) 

カテゴリー » 花粉症と食事 » その他 March 02, 2005

花粉症が起こりやすい栄養物質 ID:1109721975


花粉症は高エネルギー、高タンパク、高脂肪食によりアレルギー体質を招き、起きやすい。
リノール酸を多く含む油(大豆油やコーン柚など)はアレルギー症状をひきおこしやすいとのこと。
動物性食品を摂るときには、3倍〜5倍の野菜の酵素、ミネラル、ビタミンを必要とする。


また果物などの生のものを食べると身体が冷えて、鼻汁、涙になることがあり
ケーキなどの油と砂糖のたくさん入ったものは、避けた方がよい。


香辛料が花粉症の人に良くないという記事もあった。


参考URL
http://www.chugoku-np.co.jp/Ryouri/010427menu.html
http://blog.goo.ne.jp/suzukinaikakurinikku/e/8bdee0f97ea1497b8874adfaabfe9c51
http://blog.melma.com/00112885/20050301160033
http://blog5.fc2.com/izb43/blog-entry-4.html
http://tokyo.tea-nifty.com/natural/2005/03/post.html
http://blog5.fc2.com/mojaokp/blog-entry-17.html

— posted by midilin @ 09:06AM | Comment (0) | TrackBack (0) 

カテゴリー » 花粉症と食事 » その他 February 19, 2005

花粉症とココアポリフェノール ID:1108786918


ポリフェノールが花粉症に良いというのは過去に何度となく記述をしているが
ココアポリフェノールと呼ばれるものがあり、それが花粉症に良いという記事があり。
チョコレートやポリフェノールの説明のところでも書いたが、
カカオの成分が花粉全般によいのであろう。


参考URL
http://shigemaro.cocolog-nifty.com/kumasan/2005/02/post_23.html

— posted by midilin @ 01:21PM | Comment (3) | TrackBack (1) 

カテゴリー » 花粉症と食事 » その他 February 17, 2005

花粉症とチョコレート ID:1108609269


先日はバレンタインであった。
チョコレート=カロリーが高い、遭難したときに役立つくらいしか思っていなかったが
先日TVでチョコレートには赤ワイン並のポリフェノールが含まれているということをやっていた。
ポリフェノールは花粉に良いというのは以前記述済みだが
(「花粉症とポリフェノール」
http://midilin.sakura.ne.jp/kahun/index.php?mode=show&UID=1106708400
を参考のこと)
記憶力低下を防いだりするのにもよく、
寝る前に食べると安眠できる効果もある。
一度に一気に食べるのではなく、1日に50g程度がよいとのこと。


参考は2005.2.15のテレビ東京の5分番組より

— posted by midilin @ 12:01PM | Comment (0) | TrackBack (1) 

カテゴリー » 花粉症と食事 » その他 February 08, 2005

花粉症とSOD ID:1107818563


SODとはスーパーオキサイドディスムターゼの略で体内の活性酸素を無毒化する酵素のこと。
免疫細胞が健康細胞を破壊するのを押さえるためにSOD酵素が必要とのこと。


参考URL
http://www.geocities.co.jp/Athlete/8509/log.html
http://www.qua-e.com/sub14atp.htm

— posted by midilin @ 08:22AM | Comment (0) | TrackBack (0) 

カテゴリー » 花粉症と食事 » その他 February 05, 2005

花粉症とプロアンセノルズ ID:1107576821


「花粉症とピクノジェノール」
http://midilin.sakura.ne.jp/kahun/index.php?mode=show&UID=1107516671
で述べたOPCを使用した製品。
抗酸化栄養素を補給するもので、ブドウの種2500個分が1つのプロアンセノルズに入っているとのこと。


参考URL
http://www.izu.co.jp/~ykato/kafuntaiken.htm
http://www.vmall.ne.jp/~balance/proanthenols.htm

— posted by midilin @ 01:13PM | Comment (0) | TrackBack (0) 

カテゴリー » 花粉症と食事 » その他 February 04, 2005

花粉症とピクノジェノール ID:1107516671


ピクノジェノールはOPCとも呼ばれ、1947年にフランスのマスケリエ博士によって発見された抗酸化物質。
ブドウの種子から抽出されたのがきっかけで、フランス・スイスでは医薬品として、
ヨーロッパ各国ではアトピーの自然治療薬として使われている。
カテキン(緑茶とかに含まれているもの)と一緒にとると十分な効果があるらしい。


参考URL
http://www.nogizaka.co.jp/opc/

— posted by midilin @ 08:31PM | Comment (0) | TrackBack (0) 

カテゴリー » 花粉症と食事 » その他 February 02, 2005

花粉症と清涼飲料水 ID:1107316721


ポッカコーポレーションというところで花粉症対策の清涼飲料を発売とのこと。
レモンのポリフェノール成分を応用した清涼飲料で
ポリフェノールに含まれる「ヘスペリジン」という成分が入っているらしい。


参考URL
http://www.doblog.com/weblog/myblog/1604/808830

— posted by midilin @ 12:58PM | Comment (0) | TrackBack (0)