Today: Yesterday: Total: (since 2005.1.17)
Created in 0.1071 sec.
最近のコメント
トラックバック
この記事に対する TrackBack URL

選択ボタンを押すとトラックバックURLが選択されるので,マウスの右クリックメニューや「Ctrl+C」 「command key+C」などでコピーしましょう。

注意:トラックバックをするときは必ず花粉症blogの「トップページのURL」
もしくは「紹介記事のURL」を貼ってトラックバックを行ってください。
最近花粉症blogのURLを貼らない・記事にまったく関係ない自サイトの宣伝のみをしたトラックバックが非常に多く、URLが貼っていないトラックバックは無条件で削除します。

カテゴリー » 花粉症と食事 » お茶 March 07, 2005

花粉症とべにふうき(紅ふうき) ID:1110207079


漢字では「紅富貴」と書くようで、お茶の葉で、渋味成分であるカテキンの1種、エピガロカテキン-3-O-(3-O-メチル)ガレート(EGCG3”Me)(通称メチルカテキン)や
抗アレルギー成分のストリクチニンが、花粉症やアトピーなどのいわゆる「アレルギー症状」に対する改善効果がべにふうきにはある。


従来紅茶用に開発されたが、メチルカテキンが紅茶を作る際に行う酸化・発酵工程で消滅してしまうことから、高温で釜炒りする方法を採用することで渋み、苦みを克服し、飲みやすい緑茶として加工されるようになったとのこと。


上記で述べたように、べにふうきには「緑茶べにふうき」と「紅茶べにふうき」の2種類が存在する。
TVで花粉症に効くと言うのは緑茶として加工された「緑茶べにふうき」の方でメチル化カテキンが含まれており、この成分が花粉症に効く。
「紅茶べにふうき」は葉自体は同じだが、メチル化カテキンは紅茶を作る際に行う酸化・発酵工程でほとんど消滅している。


またべにふうきは生長量が大きいために定植3年目から摘採が可能となる。


あるある大辞典でも放送されたそうで、(緑茶)べにふうきは品切れ状態が続いてる。
生産量が少ない為通常でも手に入りにくく
TV効果のおかげでネット上を探しても、どこも売り切れだった。


(2005.3.23情報追加)
緑茶べにふうき粉末が342個残っている。 ←2005.3.25完売

また在庫数が不明だが、緑茶べにふうき2g×12包タイプがある。 ←2005.3.25完売
在庫数20 ←2005.3.25完売
他に、在庫数不明だが、2g×12包タイプにも残っていた。 ←2005.3.25完売


(2005.3.16情報追加)
緑茶べにふうきがまだ売っているところがあった。 ←2005.3.20完売
また粉末タイプの緑茶べにふうきが245個残っている。 ←2005.3.22完売

また在庫数はわからないが、こちらにも粉末タイプの緑茶べにふうきがまだ売っているところがあった。 ←2005.3.28完売
べにふうきを使用したくずらんが108個まだある。 ←2006.2.6:在庫が新たに150個入ったようだ。
べにふうきの親品種にあたる「べにほまれ」が216個残っている。 ←2005.3.27:ページ消失


(2005.3.11情報追加)
緑茶べにふうきがまだ売っているところがあった。 ←2005.3.15完売
またメチル化カテキンが含まれているべにふうきシュガーレス緑茶飴も残り470個あるところを発見した。 ↑2005.3.22完売



(2005.3.07情報追加)
緑茶べにふうきが170個売っているところがあった。

べにふうきを使用したくずらんというものがあり、こちらは3月7日現在、後16セット残っていた。
またべにふうきの親品種にあたる「べにほまれ」も若干残り(2005.3.7現在:155個)があるようだ。

↑2005.3.9時点で全部売り切れとなった。


(2006.1.18追加)
べにふうきが34個在庫として残っている。
(2005.2.4追加。↑新たなに150個入荷したようである)

↑2006.3.7時点で全部売り切れとなった。


(2006.2.6追加)
べにふうきを新たな店で見つけた。2006.2.6現在では在庫は相当あると記述されているが、発送は3〜4日かかるようだ。
(2008.3.6ページが削除されている)


(2006.3.7追懐)
べにふうきを新たな店で見つけた。
在庫は∞と記述されていることから、相当数あると思われる。発送は一週間以内とのこと。

(2007.2.17ページが削除されている)


(2011.12.15)500円で買えるべにふうき送料無料がありました。



参考URL
http://allabout.co.jp/gourmet/chinesetea/closeup/CU20030303A/index.htm
http://blog5.fc2.com/kyougi/blog-entry-6.html
http://d.hatena.ne.jp/tipitu/20050310
http://shigemaro.cocolog-nifty.com/kumasan/2005/03/post_47.html
— posted by midilin @ 11:51PM | Comment(0) | TrackBack(3) 

この記事へのトラックバック

 「べにふうき」を手に入れる、愛知万博
インターネットを調べると、どこも売り切れの様子である「べにふうき」が手に入る。試飲していた「べにほまれ」とおさらばだ。今回手に入れた「べにふうき」は、粉末が細かく茶碗の底に残らず飲みやすい。味は、濃いめの緑茶。 呉エイジ著『我が妻との闘争(極限亭主の末路編)』を読... more »
 若さが欲しい・・・
「発掘!あるある大事典II」で紹介されたアンチエイジング酵素「αリポ酸」。一緒に服用すると、老化予防・若返りの補酵素として爆発的な人気の「コエンザイムQ10」がより効果的にそのパワーを発揮するらしい。気になったのは、アレルギー作用を軽減する成分を多く含むお茶品種「べにふ... more »
 鼻水と脳みそ
今年も花粉症の症状が出始めた。今日はくしゃみばっかりしている。少しだが薄めの鼻水も出る。花粉症には菜の花やブロッコリーなどの花野菜や、生ねぎ、シナモン、ユーカリ more »