Today: Yesterday: Total: (since 2005.1.17)
Created in 0.2907 sec.
最近のコメント
トラックバック
この記事に対する TrackBack URL

選択ボタンを押すとトラックバックURLが選択されるので,マウスの右クリックメニューや「Ctrl+C」 「command key+C」などでコピーしましょう。

注意:トラックバックをするときは必ず花粉症blogの「トップページのURL」
もしくは「紹介記事のURL」を貼ってトラックバックを行ってください。
最近花粉症blogのURLを貼らない・記事にまったく関係ない自サイトの宣伝のみをしたトラックバックが非常に多く、URLが貼っていないトラックバックは無条件で削除します。

カテゴリー » 花粉症と薬 » 薬の知識 April 21, 2005

第一世代抗ヒスタミン薬と第二世代抗ヒスタミン薬 ID:1114067004


第一世代は従来の抗ヒスタミン剤、
第二世代は抗ヒスタミン作用をもつ塩基性抗アレルギー剤
(抗ヒスタミン作用と同時に化学物質遊離抑制作用を合わせ持つ薬剤)


・第一世代抗ヒスタミン剤
ベナ、ピレチア、ポララミン、タベジール、ペリアクチン(従来の抗ヒスタミン剤)


・第二世代抗ヒスタミン剤の代表としては
ゼスラン、ニポラジン(メタキシン)、ジルテック(セチリジン)、エバステル、アゼプチン(塩酸アゼラスチン)、ザジテン(フマル酸ケトチフェン)、セルテクト(オキサトミド)、、アレジオン(塩酸エビナスチン)、、ダレン(フマル酸エメダスチン)、、レミカット(フマル酸エメダスチン)、、ザジテン(フマル酸ケトチフェン)、、アセプチン(塩酸アゼラスチン)、、トリルダン(テルフェナジン)、、ヒスマナール(アステミゾール)、アレグラ(塩酸フェキソフェナジン トリルダンを変化させたものです)、タリオン(ベシル酸ペポタスチン)、レボスチン(塩酸レボカバスチン)、アレロック(塩酸オロバタシン)、ジルテック(塩酸セチリジン)、エバステル(エバスチン)、クラリチン(ロラタジン)
など。


参考URL
http://homepage1.nifty.com/jibiaka50/arehisutamin.htm
— posted by midilin @ 04:03PM | Comment(0) | TrackBack(6) 

この記事へのトラックバック

 ・「・タ・ネ・ー・テ・コ ヘィリ
・「・タ・ネ・ー・テ・コ ヘィリ?nbsp;7S4qpL8hMr more »
 寄繁のおもちゃ 宥?
寄繁のおもちゃ 宥? 4G2pyL8rBn more »
 ホスティングサ?ビス
ホスティングサ?ビス 4B6omM4uSd more »
 淫哨
淫哨 4C1gcN1gGw more »
 今翌卞廖
今翌卞廖 7J3bpI2vRc more »
 塩酸フェキソフェナジン(アレグラ錠60mg)
蕁麻疹がひどいため、毎日2回 この薬を飲んでいます。 この薬はヒスタミンの受容 more »