Today: Yesterday: Total: (since 2005.1.17)
Created in 0.0906 sec.
最近のコメント
トラックバック

カテゴリー » 花粉症と食事 » キノコ March 17, 2006

花粉症としいたけ(椎茸):アレキック ID:1142558789


今日の朝、TVのズームインスーパーを見ていたら、
花粉症対策飲料水として、アレキックというものを
紹介していた。


単刀直入に言うと、国産の椎茸(しいたけ)を100%使用した清涼飲料水のようだ。
花粉症対策の記事として、朝日新聞にも掲載されたらしい。


花粉症としいたけについては2005年1月24日の記事の
花粉症とインターフェロンインデューサーとしいたけ
という記事で少しだけ紹介したが
花粉症としいたけの記事のさらに詳細を調べてみた。


椎茸には多くの食物繊維を含んでいるようだ。
この食物繊維は、人が摂取しても消化吸収されない多糖類、リグニンと呼ばれる物質など
エネルギー源にならず、腸管内で水分の調整をして便秘を予防すると言われているそうだ。

食物繊維が便秘に効くということはよく我々の耳でも聞くことだが、
これが食物繊維と便秘の関係ということのようだ。


また発癌物質などの有害物質を吸着してその吸収を妨げ、早く排出する作用や、
βグルカンというものがかなりの量存在し、
結腸癌や直腸癌を予防すると言われているそうだ。


ちなみにβグルカンとはなんぞやという話になると思うが
βグルカン(レンチナン)は、リンパ球表層や特定の血清淡白と結合して抗体生産を促進し、
インターフェロンなどの生産を増強すると言われているそうだ。


インターフェロンについては、「花粉症とインターフェロンインデューサーとしいたけ」でも
言葉だけはでていたが、
インターフェロンが何かということについては触れていなかったので
このことについても調べておいたので掲載しようと思う。


インターフェロンとは私たち人間がウイルス感染を受けた時などに体の中で作るタンパク質の一種で
インターフェロンの種類は、α型、β型、γ型の3種類があり、
主な作用として抗ウイルス作用、免疫増強作用、抗腫瘍作用などがあると言われてるようだ。


このインターフェロンを使用することにより、慢性ウイルス性肝炎の治療をすることができ
抗ウイルス作用により肝炎ウイルスを攻撃し、ウイルス性肝炎の治療できるということから
肝炎の治療にも使われているのがこのインターフェロンのようだ。


さて、話を元に戻すがこのインターフェロンの生産を増強するということは
免疫力を高め、がんの増殖を抑制をしたり、B型肝炎の治療になるということだ。


βグルカンには、抗癌作用・血糖降下作用・抗ウイルス作用・血圧調整作用・アレルギー体質改善等があると言われ、
これからの時代にはβグルカンを積極的に取り入れることで人間本来の治癒力を高める必要があると言われているそうだ。


このアレルギー体質改善、これが花粉症対策として注目されてきたのではないかと
個人的には思っている。


花粉症対策以外の記事は上にも長々と書いたが、
他にもコレステロールの排出促進や、血清コレステロールを低下、
それにビタミンDが含まれているため、
カルシウムの体内への吸収性をよくすることから
閉経後の女性や高齢者に見られる骨粗鬆症の原因を解消するとも言われているらしい。


しいたけ、すごいぞ、おまえは花粉症に効果があるだけでなく、こんなに栄養分をたくわえていたのか。
まだあるらしいぞ、しいたけの成分。


しいたけは、ミネラル成分の亜鉛や鉄を含んでいることから
体内にある亜鉛の10%は皮膚に存在して、皮膚細胞の新陳代謝に関わってて
新しい細胞を作るミネラルと言われているそうだ。


亜鉛の欠乏が味覚障害・成長障害・食欲不振・生殖機能異常・免疫力低下・皮疹・精神障害・生理不順・胃腸障害などが
おこることから、逆に摂取をすれば予防になるということなのだろう。


他の野菜などに比べてしいたけは食物繊維やビタミンD、亜鉛や鉄などのミネラルが豊富に含まれて、
生活習慣病、これは動脈硬化・血栓症・高血圧・糖尿病などの予防に役立つと言われているそうだ。


こういう事情を事前に調べ、しいたけ飲料水アレキックが生まれたらしい。


参考URL
http://www.recoursejapan.com/column/shiitake.htm
http://www.geocities.co.jp/Colosseum-Acropolis/9112/kouza9.html

— posted by midilin @ 10:26AM | Comment (2) | TrackBack (0) 

カテゴリー » 花粉症とマスク March 17, 2006

花粉症鼻マスク「とーしま栓」 ID:1142556775


今日の朝、TVのズームインスーパーを見ていたら、
花粉症対策として鼻マスク「とーしま栓」というグッズが紹介されていた。


個人的にネーミングが好きだが
名前のとおり、鼻のマスクなのだが普通のマスクと大きく違うのはその形。
通常のマスクは鼻から口まで覆う白いマスクを思い浮かべる方が多いだろうが
このとーしま栓は、耳栓の鼻バージョンという感じだろうか。
まさに、鼻の栓をするものだ。


実際に、TVのキャスターの方、羽鳥アナウンサーと読売新聞解説の辛坊さんが実際につけて行なっていて
この鼻マスク(鼻栓)は普通に正面から見た感じでは耳栓と同じで人からわからないことだ。


ただし、下から覗き込んだ場合と、鼻の大きさが小さい人はわからないが
完全にこれなら鼻にはいる花粉症をカットできるのではないだろうか。
その代わり、鼻からも息は一切できないという欠点もあるが。


使い方として、楽天の感想に書いてあったのだが
「普通のマスクと併用する方法が良いのでは」というような書いてあった。
なるほど、普通のマスクをして、その下にこのとーしま栓をすれば
下から覗き込んでもわからないし
完全に花粉をカットできるということか。


アイディア次第では最強の花粉症マスクとなりえるかもしれない。

— posted by midilin @ 09:52AM | Comment (1) | TrackBack (1) 

カテゴリー » 花粉症と食事 » 野菜 March 14, 2006

花粉症とフキ(続報) ID:1142309886


花粉症にフキが効くという記事を見つけた。


実は去年、ちらりと花粉症とフキについて載せた記事がある。
(過去記事「花粉症とフキ」)


フキなどの植物は、ポリフェノール成分が、アレルギーの抑制に寄与することから効果があるといわれている
ということを書いた。


「フキ」、春食べる方もいるだろう。


実は私はフキが苦手だ。
あの独特のクセ。あれが良いという方もいらっしゃるとは思うのだが
フキやセロリのようなあのクセが好きになれない。
(出されれば食べるが、自分で好んでフキやセロリは食べない)


そんなフキについて、私はあまり良いイメージがなかったのだが
どうも、最近、テレビ番組でフキが花粉症撃退食品として取り上げられたことにより
フキエキス粒などが注目を集めているそうだ。


ということで、フキについてさらに調べてみた。


2002年の1月に発表された学説によると
「花粉症患者をA・Bグループにわけ,Aにフキエキスを
Bに抗アレルギー薬を投与したところ,Aグループにより改善効果が見られた」
という報告があるらしい。


フキ独特のあの部分に有効成分が含まれているため
1分以上水にさらさないのがコツということだ。
そうか、あのフキのクセが、花粉症に良いという報告があるのか。


参考URL先には、フキの炊き込みご飯の作り方も書かれているので
フキが好きな方や、花粉症対策として、フキを使った料理を考えている方には、
良いのではないだろうか。


参考URL
http://www.h5.dion.ne.jp/~miegoma/ryouri/rice/kahun.html

— posted by midilin @ 01:18PM | Comment (0) | TrackBack (1) 

カテゴリー » 花粉症ニュース February 13, 2006

花粉症対策ホテル ID:1139799265


Yahooニュースに面白い記事が掲載されていた。


花粉症対策ホテル」というものがあるようだ。


花粉症の宿泊客に快適に過ごしてもらおうと、
東急ホテルズというところで今年2006年3月1日から
東京都内のビジネスホテルに花粉症対策ルームを開設するそうだ。


都内のチェックイン後、強力な風で衣服から花粉を払い落とす
エアシャワーと呼ばれるものを浴び、
専用フロアの客室に宿泊するそうだ。


花粉症宿泊客の反応をみて全国展開も検討しているという、
なかなかホットな話題だ。


さらに記事の詳細を見ると、今回の花粉症対策ルームを設置する、
港区の新橋愛宕山東急インでは
仕事の妨げにもなる花粉症に悩むビジネスマンをターゲットとしているそうだ。


確かに、ビジネスマンの花粉症はつらい。
ビジネスマンになると、イヤでも外回りをしなければいけないときがある。
私は技術職なので、それほど外にでることはないが、
しかし花粉の時期にお客さんと打ち合わせをするため、外に出ざるを得ないときもある。


花粉症患者の外回りとは本当につらいものだ。


ちなみに、上記の花粉症対策ルームは
9階を専用フロアとし、全14室を「花粉すっきり爽快ルーム」に指定し
宿泊客はフロントロビーに設置された電話ボックスのようなエアシャワー室に入り、約20秒、
静電気の発生を抑制する強力な風を浴びるようだ。


メーカー側の実験では、衣服についたスギ花粉などの粉じんの9割を落とせるという。
おぉ・・・9割りも花粉症を落としてくれるのか!


そんなに落としてくれる機械があるのなら、
会社にも導入してほしいと思うのは私だけではないはず。


 爽快ルームには空気清浄機、症状緩和に役立つとされるペパーミントティー、
外出するときにスプレーすれば衣服の花粉が落ちやすいスプレーなどを用意し、
清掃のときも花粉が入り込まないように窓を開けないなどの対応をするそうだ。
 
ちなみに花粉症対策ルームの値段は、通常の部屋より2000円ほど高いらしい。
(通常の値段は知らないので自分で調べてください)


去年より花粉の量が少ないとはいえ、花粉症患者にとっては
ちょっとの花粉で、ダメージを受けるもの、
早くも、企業同士の花粉症を狙ったビジネスが展開されているということだろう。


参考URL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060212-00000004-mai-soci

— posted by midilin @ 11:54AM | Comment (8) | TrackBack (3) 

カテゴリー » 花粉症ニュース January 26, 2006

2006年度花粉飛散量予測 ID:1138235168


花粉症blog、今年一発目の更新である。


今朝のTV、ズームインスーパーで、今年の花粉症
2006年度の花粉飛散量予測をやっていた。


環境省予測では今年は、花粉の飛散量は
平年の3〜8割にとどまるらしい。


我々花粉症患者にとって嬉しいニュースだ。


地域別の飛散量では、
北海道が平年並み
東北は平年と比べて6割
関東甲信越で同3割
北陸・東海が同8割
近畿・中国・四国・九州で同4〜6割程度
であるらしい。


私は東京に住んでいるので、花粉が平年の3割ということは
去年と比べて相当楽であることが嬉しい。

— posted by midilin @ 09:26AM | Comment (10) | TrackBack (3) 

カテゴリー » 花粉症ニュース November 14, 2005

花粉症対策として東京都がスギ伐採に27億円を投入 ID:1131957535


東京都がスギ伐採に27億円を投入するという記事を発見した。
もちろん、花粉症対策である。
今年の花粉症は本当にひどく、この花粉症blogを立ち上げるきっかけにもなった。

ところで1つ気になったのだが、
「石原慎太郎知事も今春、人生で初めて花粉症に見舞われ、花粉症対策を発案した。」
ということだが、自分もなったから、花粉症対策をしたのだろうか(笑)

花粉症対策してくれることは嬉しいことだが、
花粉症の問題ははるか前からあるわけだから、
もし自分がなったから対策したという考えであれば、
(たぶん、そんなことはないとは思うが)
政治家なのだから、自分がならなくても、対策をしてほしいと感じる。

ちなみに花粉症対策本部は、産業労働局や環境局、福祉保健局など14局が参加を行い、
都産材の用途開発、都発注の公共工事への利用促進のほか、林業の活性化を議論する予定とのこと。

参考URL
http://blog.livedoor.jp/miyakuma/archives/50195544.html
http://stealth.at.webry.info/200511/article_7.html
http://kanisisitou.cocolog-nifty.com/moonweblog/2005/11/post_9c9f.html
http://chun-kero.cocolog-nifty.com/chunoneself/2005/11/post_cf7e.html

— posted by midilin @ 05:38PM | Comment (4) | TrackBack (1) 

カテゴリー » 花粉症ニュース May 02, 2005

花粉が付きにくい紳士服開発 ID:1115043634


花粉が付きにくい紳士服開発が発売することが発表されたとのこと。

高級紳士服地メーカーの御幸毛織が
スギやヒノキの花粉が付着しにくい布地を開発、
8月下旬から9月をめどに冬物スーツとして発売するらしい。


布地の糸の表面に直径約30ナノメートル(1メートルは100万分の1ミリ)の粒子を多数付けることで、繊維のすき間に花粉が入り込むことを防ぎ、粒子を付着させる際にナノテクノロジー(超微細技術)を応用したもので、花粉が付きにくくなるよう糸を詰めて織り上げ、布の表面の「けば」も刈り込んだため、普通の布地に付いた花粉は手で払うと60〜70%しか落とせないが、
この布地では82〜96%を落とすことができるとのこと。


価格は10万〜12万円台とちょっと高め。
サラリーマンを狙った商品と言ったところか。


参考URL
http://kafun-kafun.seesaa.net/article/3269269.html

— posted by midilin @ 11:20PM | Comment (2) | TrackBack (1) 

カテゴリー » 花粉症ニュース April 26, 2005

花粉除去機能搭載の車、ヴィッツ ID:1114475116


もう、かなり前にTVで放送されていたのだが
車のヴィッツに花粉除去装置が装備されるものが開発された。
「花粉除去モード」という形で、エアコンのスイッチを入れると、
搭乗者の顔周りを中心に衣服などについた花粉を感知し減少させるというもの
時間にすると約10分ほどで花粉の除去が完了する。


ちなみに従来、多くのクルマに採用されている花粉除去フィルターは
フィルターで花粉を除去し、花粉を車内に入らないようにするもの。


参考は2005.4.12のズームインスーパー

— posted by midilin @ 09:25AM | Comment (2) | TrackBack (1) 

カテゴリー » 花粉症ニュース April 24, 2005

花粉症と泡盛続報(Yahooニュースに掲載される) ID:1114318810


今年の1月20日、3月2日に、花粉症に聞く泡盛「請福ファンシー」の記事を掲載したが
http://midilin.sakura.ne.jp/kahun/index.php?UID=1109771086
昨日のyahooニュースにこの請福ファンシーが記事になったようだ。


とは言うものの、もう2、3ヶ月以上前(正式には去年)から騒がれていたものが
花粉が下火になって、この話題が何故今頃Yahooニュースに
掲載されているのかと少し思ってしまった。


参考URL
http://blog.livedoor.jp/divecico/archives/19868445.html
http://blog.livedoor.jp/mota1972/archives/19855868.html
http://laundry-s.jugem.jp/?eid=180

— posted by midilin @ 02:00PM | Comment (2) | TrackBack (1) 

カテゴリー » 花粉症と薬 » 薬の知識 April 21, 2005

第一世代抗ヒスタミン薬と第二世代抗ヒスタミン薬 ID:1114067004


第一世代は従来の抗ヒスタミン剤、
第二世代は抗ヒスタミン作用をもつ塩基性抗アレルギー剤
(抗ヒスタミン作用と同時に化学物質遊離抑制作用を合わせ持つ薬剤)


・第一世代抗ヒスタミン剤
ベナ、ピレチア、ポララミン、タベジール、ペリアクチン(従来の抗ヒスタミン剤)


・第二世代抗ヒスタミン剤の代表としては
ゼスラン、ニポラジン(メタキシン)、ジルテック(セチリジン)、エバステル、アゼプチン(塩酸アゼラスチン)、ザジテン(フマル酸ケトチフェン)、セルテクト(オキサトミド)、、アレジオン(塩酸エビナスチン)、、ダレン(フマル酸エメダスチン)、、レミカット(フマル酸エメダスチン)、、ザジテン(フマル酸ケトチフェン)、、アセプチン(塩酸アゼラスチン)、、トリルダン(テルフェナジン)、、ヒスマナール(アステミゾール)、アレグラ(塩酸フェキソフェナジン トリルダンを変化させたものです)、タリオン(ベシル酸ペポタスチン)、レボスチン(塩酸レボカバスチン)、アレロック(塩酸オロバタシン)、ジルテック(塩酸セチリジン)、エバステル(エバスチン)、クラリチン(ロラタジン)
など。


参考URL
http://homepage1.nifty.com/jibiaka50/arehisutamin.htm

— posted by midilin @ 04:03PM | Comment (0) | TrackBack (6)