結婚相談所口コミ検索

携帯版結婚相談所口コミ検索 | リンク掲載依頼 | お問い合わせ | 結婚相談所掲示板
 > 

結婚の定義はいくつかある。
社会的結びつき
経済的結びつき
人間的結びつき
法的正当性
これらの根底にあるものは「契約」という概念である。親子の関係はタテの関係であり、生まれたら自動的に関係付けが発生し、原則的に一生の間不変である。一方、結婚というのは男と女が結びつくヨコの関係であるとされる。一般的に血縁関係にない男女であるので、結び付きは契約的になる。したがって、結婚の解消というものがあり、これを離婚という。ただし、一部の国または地域では、男性同士や女性同士の同性結婚も法的に認められている。
結婚は必ずしも同居を伴わず、単身赴任等で離れて暮らしていても婚姻関係は成立する。つまり親族以外の両性の心理的経済的繋がりが婚姻状態であると言える。また、内縁関係であっても、実際に夫婦関係が構築されているのであれば、結婚と同様に扱われるケースがある。
日本においては、婚姻届を出し戸籍に記載される婚姻(”籍を入れる”)を結婚と定義することもある。
日本の正式婚の数は、1978年以降、現在に至るまで年間70万件台を維持している。(出典:『現代用語の基礎知識』(自由国民社)

記事元:Wikipediaより引用