Today: Yesterday: Total: Online:
カテゴリー
その他
  • RSS1.0
  • RSS2.0
  • atom0.3
  • valid XHTML1.0
  • valid CSS2
  • Credit
RSSリーダーで購読する | この日記のはてなブックマーク数 | プロフィール
コメントが一番多い記事(233コメント):人の心理の裏をかくホームページ集客術:リピータになってもらうためには
ツイートが一番多い記事(94ツイート):ちょっと待て!twitterやfacebookに子供の写真を掲載する親達への警告
いいねが一番多い記事(574いいね):facebookスパムに要注意。なりすましの見分け方とアカウント乗っ取りの手口(2013年度版)

カテゴリー » Web/ミディリン October 15, 2002

DBが使える、フリーサーバー ID:1034607600


今日はFF4リディア同盟の方に15件、検索サイトを登録したので
ちょっと疲れてしまったのですが、

すごいフリーサーバーのところを見つけてしまいました。
「DBが使える、フリーサーバー」なんて初めて見ました。

DBとはなんぞやというのは、というのは、
2002/7/11の日記で、簡単に説明したので
ここで重複の説明は省きますが、

これは、はっきりいって、すごいことです。

簡単に言うと、普段プロバイダレベルで検索ページなどを
使う場合、よくてサポートしているCGI(Perl)で作るのが精一杯です。
(掲示板とか、カウンターとか設置するときに使っているのが
 たいてい、Perlです)

しかし、データベースというものが存在しないため、
一度、CSVというデータに書き出し、
そのCSVデータを呼び出したり、検索したりします。
(掲示板も同様。一度カキコした内容をCSVという形で
 テキストデータとして登録して、それを読み出す作業をしている)

しかし、Perlで検索CGIを設置して、掲示板のようなCSVデータを表示・検索する場合、
動作が重く負荷も高いため、
検索データにもよりますが、1000件検索できれば、いいほうなのです。

ミディリンでも、MLの検索が行えますが、
1000通以上ログとして掲載されていますが、
実質、CSVをPerlで検索しているのと同じなので
1000件くらいの検索で落ちてしまうという現象がおきています。

そのため、Yahooなどの大手検索ページなどは、
掲示板や、よく見かけられるリンクCGIなど、
CSVというテキストデータを使って検索するのではなく、

自分でサーバーを持って、その中にデータベースというソフトをインストールして
SQLという言語を使うことで、データベースからデータをアクセスして、
検索したキーワードのデータを高速に検索できます。

検索データは、20000件あろうが、
50000件あろうが検索は可能です。

大手検索ページは必ずこの方法をとっていますし、
この方法を使わない限り、多くの検索データを扱うことができません。

これがデータベースなのですが、
これは、通常、専用線をひいて、個人でサーバーを持っていないと
とてもできないことなので、敷居が高いものなのですね。
(専用線をひいて、ドメインとれば、それだけお金もかかるので)


今日見つけたサーバーはレンタルサーバーなのに、
SQLの命令が発行できて、検索のnamazuが使える、
つまり、サーバーを所有しているのと同じことが
使えるフリーのサーバーで、
CGIはPerl以外に、RUBYとPHPが使え、
さらに、コンパイルしたC言語の利用も可、
さらにさらに、ASPも使えるという、
化け物のようなフリーサーバーで
もしこれらの用語をしっている方がいらっしゃったら
マジでそんなところ、あるんかい、と絶対驚いていただけるようなところなのです。


それが・・・ここ


50Mまで使用可で、CGIのみの利用で使うのもOKで、
(ただし、広告は見える位置に挿入する)

無料サービスは広告がつきますが、
広告がイヤな場合、有料サービスにすると広告が消え、
月500円で利用可。
う〜ん、すごい・・・・これはすごすぎる・・・

通常に自分の作ったものをアップして掲載くらいの
プロバイダで提供しているもので用が足りる方には、
このような機能は必要ないと思うのですが、

ポータルサイト、検索サイトなどたくさんのデータを
扱うサイトでは、このようなところは、
喉から手がでるほど欲しい機能満載だと思います。

DBを使って、検索システムや登録システムなどを
作るのであれば、ここは絶対にお勧めではないでしょうか。

本当はミディリンもここを借りてやりたいくらいなのですが、
既存のHTMLベース(もしくはCSVベースのもの)を
DBに変換する作業が膨大になるので、ちょっと実現は無理そうです。

でも、ここをうまく使いこなせば、
IDとパスワードの自動設置システムや、
セッション管理(CGIのhiddenを使わないで、値を次のページに引き渡す方法)、
膨大な何万件ものデータの検索など
Webで実現できることが、すべてここで用が足りるような気がします。


Webデザインに携わる仕事って、HTMLだけじゃないんですよね。
(HTMLのデザインだけではないということです)

デザインと連携して、どういうふうにシステムを作るか、
データベースから、値をひっぱってきて、
その値をどうやってデザインに埋め込むかというのを
考えるのも、仕事になってきます。

HTMLのように静的な変わらないページだけで構成されるページ
(音楽やイラストをただタグ形式で張っていくページ)
であれば、1パターンのデザインをHTMLベースで考えれば、
それでいいのかもしれませんが、

実際、仕事となると、そういう案件であまりそういうものはなく、
(それは学生のバイトLVでできてしまうのです)
データベースの値によってデザインが動的に
変わるページを作成するのが仕事になるので、
そこの理解を含めるのも、Webの仕事では大切だなと思います。

将来、Web関連の仕事につきたい方は
こういうフリーサーバー借りて、独学でお勉強すれば、
こういう仕事につくときに、実践でかなり役立つでしょうね。
— posted by midilin @ 12:00AM | Comment(0) | TrackBack(0) 
[コメントが多かった順の記事]
人の心理の裏をかくホームページ集客術:リピータになってもらうためには(233)
ホームページ心理学第2弾「メールの書きだしとホームページ運営・集客の関係」(76)
娘が生まれた(69)
ゲームと言えば、何を思い出す? (50)
Microsoftからアクセス (30)
「目標の立て方」と「努力」と「実行力」(26)

コメントをどうぞ。名前(ペンネーム)は必須です。URLはオプションです。

Comment Form
名前(ペンネーム): 文字色:
リンク作成 »
スパム対策画像認証(右に表示されている画像の番号を入れてください):
下のアイコンをクリックするとテキストエリアに挿入できます
:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

←メールアドレスを入力しておくと midilin がレスをした際に通知します:

     

カウンター