Today: Yesterday: Total: Online:
カテゴリー
その他
  • RSS1.0
  • RSS2.0
  • atom0.3
  • valid XHTML1.0
  • valid CSS2
  • Credit
RSSリーダーで購読する | この日記のはてなブックマーク数 | プロフィール
コメントが一番多い記事(233コメント):人の心理の裏をかくホームページ集客術:リピータになってもらうためには
ツイートが一番多い記事(94ツイート):ちょっと待て!twitterやfacebookに子供の写真を掲載する親達への警告
いいねが一番多い記事(574いいね):facebookスパムに要注意。なりすましの見分け方とアカウント乗っ取りの手口(2013年度版)

カテゴリー » Javascript August 10, 2006

Javascript(Jscript)で、DBアクセス ID:1155188131


◆ADOを使う


ActiveX Data Objects(ADO)を入れる。
WinXPならデフォルトで入っている
Win2003serverは、もしかしたらセキュリティをはずさないとつかえないかも?
Win2000も、たぶんデフォルトで入っている。


Windowsのみでしか動かない


◆ADOが入っているかどうかの確認


Excelをひらき、
ツール→マクロ→Microsoft Visual Basicをひらき、


ツール→参照設定

Micro ActivX Data Objects ● Libray
とか入っていればたぶん、OK



◆実行の仕方


HTMLでJavascriptを記述して、ブラウザで開いても動かない。
jsで保存して、MS-DOSから実行。


実行の仕方は
cscript 〜.js



◆Javascriptの書き方


http://www.happy2-island.com/vbs/cafe02/capter00601.shtml
を参考に。
(ODBCを事前にコントロールパネルで登録する)



●Access(MDB)


//ADOオブジェクトを作成します
var objADO = new ActiveXObject("ADODB.Connection");


//?ADOを使いMDBをオープンします
objADO.Open("Driver={Microsoft Access Driver (*.mdb)}; DBQ=c:\\happy\\island.mdb;");


//?ADOをクローズします
objADO.Close();


objADO = null;



●Access(ODBC)


//ADOオブジェクトを作成します
var objADO = new ActiveXObject("ADODB.Connection");


//?ADOを使いADRDBというデータソースをオープンします
objADO.Open("DSN=ADRDB;");


//?ADOをクローズします
objADO.Close();


objADO = null;


●Oracle(接続情報全部)


//ADOオブジェクトを作成します
var objADO = new ActiveXObject("ADODB.Connection");


//?ADOを使いORACLEのDBを開きます
objADO.Open("Driver={Microsoft ODBC for Oracle};" +
"CONNECTSTRING=ADRSORA; UID=HAPPY; PWD=ISLAND;");


//?ADOをクローズします
objADO.Close();


objADO = null;


●Oracle(ODBC)


//ADOオブジェクトを作成します
var objADO = new ActiveXObject("ADODB.Connection");


//?ADOを使いADRSODBCというデータソースをオープンします
objADO.Open("DSN=ADRSODBC; UID=HAPPY; PWD=ISLAND;");


//?ADOをクローズします
objADO.Close();


objADO = null;


●SQL Server(接続情報全部)


//ADOオブジェクトを作成します
var objADO = new ActiveXObject("ADODB.Connection");


//?ADOを使いSQL ServerのDBを開きます
objADO.Open("Driver={SQL Server};" +
"server=DBSERVER01; database=HAPPYDB; uid=HAPPY; pwd=ISLAND;");


//?ADOをクローズします
objADO.Close();


objADO = null;


●SQL Server(ODBC)


//ADOオブジェクトを作成します
var objADO = new ActiveXObject("ADODB.Connection");


//?ADOを使いSQLSODBCというデータソースをオープンします
objADO.Open("DSN=SQLSODBC; uid=HAPPY; pwd=ISLAND;");


//?ADOをクローズします
objADO.Close();


objADO = null;



◆どのようなDBでもアクセスできるのか?


ODBCでつながっていれば、DB2もMysqlもPosgreSQLもOK。
(DB2では、接続確認済み)
ただし、ADO→ODBCというふうに実行をするので、速度が落ちる可能性がある。



速度面など考えれば、ODBC実行ではなく、
それぞれのDBの接続方法
(上記Javascriptの上の方法)で接続したほうが良い。
1 / 2| 次のページ »
— posted by midilin @ 02:35PM
[コメントが多かった順の記事]
人の心理の裏をかくホームページ集客術:リピータになってもらうためには(233)
ホームページ心理学第2弾「メールの書きだしとホームページ運営・集客の関係」(76)
娘が生まれた(69)
ゲームと言えば、何を思い出す? (50)
Microsoftからアクセス (30)
「目標の立て方」と「努力」と「実行力」(26)

カウンター