Today: Yesterday: Total: Online:
カテゴリー
その他
  • RSS1.0
  • RSS2.0
  • atom0.3
  • valid XHTML1.0
  • valid CSS2
  • Credit
RSSリーダーで購読する | この日記のはてなブックマーク数 | プロフィール
コメントが一番多い記事(233コメント):人の心理の裏をかくホームページ集客術:リピータになってもらうためには
ツイートが一番多い記事(94ツイート):ちょっと待て!twitterやfacebookに子供の写真を掲載する親達への警告
いいねが一番多い記事(574いいね):facebookスパムに要注意。なりすましの見分け方とアカウント乗っ取りの手口(2013年度版)

カテゴリー » Oracle October 20, 2006

システム年月日の取得 ID:1161307453


SYSDATE システム日付(年月日時分秒)を、DATE型のデータで取得する
SYSTIMESTAMP システム日付(年月日時分秒ミリ秒)を、TIMESTAMP型のデータ取得する
ORACLE9i以降で使用可能




例1) システム日付を取得します(SYSDATE) select
 to_char(sysdate,'yyyy/mm/dd hh24:mi:ss')
from dual;

結果は、2006/03/29 20:27:05 のようになる


例2) システム日付を取得します(SYSTIMESTAMP)
select
 to_char(systimestamp,'yyyy/mm/dd hh24:mi:ss.ff3')
from dual;

結果は、2006/03/29 21:54:31.078 のようになる。

http://oracle.se-free.com/dml/07_sysdate.html
1 / 2| 次のページ »
— posted by midilin @ 10:24AM
[コメントが多かった順の記事]
人の心理の裏をかくホームページ集客術:リピータになってもらうためには(233)
ホームページ心理学第2弾「メールの書きだしとホームページ運営・集客の関係」(76)
娘が生まれた(69)
ゲームと言えば、何を思い出す? (50)
Microsoftからアクセス (30)
「目標の立て方」と「努力」と「実行力」(26)

カウンター