Today: Yesterday: Total: Online:
カテゴリー
その他
  • RSS1.0
  • RSS2.0
  • atom0.3
  • valid XHTML1.0
  • valid CSS2
  • Credit
RSSリーダーで購読する | この日記のはてなブックマーク数 | プロフィール
コメントが一番多い記事(233コメント):人の心理の裏をかくホームページ集客術:リピータになってもらうためには
ツイートが一番多い記事(94ツイート):ちょっと待て!twitterやfacebookに子供の写真を掲載する親達への警告
いいねが一番多い記事(574いいね):facebookスパムに要注意。なりすましの見分け方とアカウント乗っ取りの手口(2013年度版)

[ カテゴリー » Mysql ]

カテゴリー » Mysql October 06, 2010

Mysql5+phpでsqlがうまくいかない場合 ID:1286375720


PHPのスクリプトでも、まず「SET CHARACTER SET SJIS」を実行してから、SELECTを発行する

http://tod.cocolog-nifty.com/diary/2005/12/xamppphpmysql_6279.html

— posted by midilin @ 11:35PM

カテゴリー » Mysql December 25, 2009

mysqlの正規表現 英数字 ID:1261691205


regxpを使う
http://dev.mysql.com/doc/refman/4.1/ja/regexp.html

半角英数字


like句の場所にregexp句を入れると正規表現マッチ

例)
「HOGE」列に数字で始まる10桁の英数を検索
select * from TEST where HOGE regexp '^[0-9]{1}[0-9a-zA-Z]{9}$'

http://guitarfish.wazure.jp/index.php?MySQL%E3%81%AESQL%E5%85%A5%E9%96%80#z3c7fe64

http://homepage2.nifty.com/copper29/ipr/mysql.html

— posted by midilin @ 06:46AM

カテゴリー » Mysql April 16, 2008

MySQLのユーザー変数でSETを使わずSQL中でユーザー変数の型を定義する ID:1208333404


unionを使うと、可能。

UNIONで初期値代入と加算処理を分けることで可能で、
適当なテーブルは、作成しようとしている擬似行以上の行が保証されているテーブルであればなんでもよい。

例)

SELECT @f:=1
UNION ALL
SELECT @f:=@f +1 FROM 適当なテーブル WHERE @f<8

http://ne.tc/2007/11/01/mysql%E3%81%AE%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC%E5%A4%89%E6%95%B0%E3%81%A7set%E3%82%92%E4%BD%BF%E3%82%8F%E3%81%9Asql%E4%B8%AD%E3%81%A7%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC%E5%A4%89%E6%95%B0%E3%81%AE/


もし、適当なテーブルが3項目取得が必要な場合

SELECT @f:=@f +1,項目1,項目2 FROM 適当なテーブル

unionでは、型をあわせないといけないので


SELECT @f:=1, null as 項目1, as 項目2
UNION ALL
SELECT @f:=@f +1,項目1,項目2 FROM 適当なテーブル

のようにしたら、うまくいった。
1 / 2| 次のページ »

— posted by midilin @ 05:10PM

カテゴリー » Mysql December 20, 2007

unionの総計を求めたいとき ID:1198143036


select sum(count) from
(
select count(`id`) as count from table1
union
select count(`id`) as count from table2
union
select count(`id`) as count from table3
) as union_data


mysqlの場合は、as 別名
をつけないとエラーがでるっぽい
1 / 2| 次のページ »

— posted by midilin @ 06:30PM

カテゴリー » Mysql December 04, 2007

Mysql 高速化 チューニング ID:1196732641


●selectの高速化
1.テーブルを分ける。


2.テーブルにインデックスを設定する。
create index インデックス名 on テーブル名 (フィールド名);

文字列の場合はインデックスに設定する文字数を指定可能。
create index インデックス名 on テーブル名(フィールド名(要素数));


3.select count(*) よりも select(フィール名) を使う。
カウント処理もインデックスを設定してあるフィールド名を指定する事で高速化可能。


さらに、項目数が多い場合に、取得項目だけ取得するようなSQLを別出しにして、
SQLを発行するとかなりレスポンスがアップした。


4.クエリキャッシュを使う。


クエリキャッシュが使える設定になっているのか確認するには、以下のようにする。
query_cache_sizeが0だと無効の状態。

mysql> show variables like 'query_cache_%e';

クエリキャッシュの利用状況を確認するには、以下のようにする。

mysql> show status like 'Qcache%';

Qcache_free_blocks:空きメモリブロック数

Qcache_free_memory:空きメモリ。

Qcache_hits:キャッシュにヒットしたクエリ数。

Qcache_inserts:キャッシュに保存したクエリ数。

Qcache_lowmem_prunes:メモリ不足で削除されたクエリ数。

Qcache_not_cached:キャッシュされなかったクエリ数。

Qcache_queries_in_cache:キャッシュに存在するクエリ数。

Qcache_total_blocks:合計ブロック数


●insertの高速化

1.まとめてINSERT


insert into word (Word_Id,Word_Data) values('1','abc');
insert into word (Word_Id,Word_Data) values('2','def');
insert into word (Word_Id,Word_Data) values('3','ghi');


ではなく、


insert into word (Word_Id,Word_Data) values('1','abc'),('2','def'),('3','ghi');



2.オートコミットをOFFにする。


http://www.cdl.im.dendai.ac.jp/~arai/study/mysql.html
1 / 2| 次のページ »

— posted by midilin @ 10:44AM

カテゴリー » Mysql October 12, 2007

Unionをすると文字列が削れてしまう現象 ID:1192170232


UNION の結果セット内のカラムの型と長さでは、すべての SELECT ステートメントで取り出された値が考慮されます。 MySQL 4.1.1 より前のバージョンの UNION では、最初の SELECT で使用された値のみに基づいて結果の型と長さが決まる、という制約がありました。 この場合、たとえば、最初の SELECT の値よりも長い値が 2 番目の SELECT で取り出されると、切り捨てが行われることがあります。



(SELECT a FROM table_name WHERE a=10 AND B=1 ORDER BY a LIMIT 10)
UNION
(SELECT a FROM table_name WHERE a=11 AND B=2 ORDER BY a LIMIT 10)
ORDER BY a;


mysql> SELECT REPEAT('a',1) UNION SELECT REPEAT('b',10);
+---------------+
| REPEAT('a',1) |
+---------------+
| a |
| b |
+---------------+
MySQL 4.1.1 以降、この制約はなくなりました。


mysql> SELECT REPEAT('a',1) UNION SELECT REPEAT('b',10);
+---------------+
| REPEAT('a',1) |
+---------------+
| a |
| bbbbbbbbbb |
+---------------+


http://dev.mysql.com/doc/refman/4.1/ja/union.html




Mysql4.0で、対処する場合は、
最初にダミーテーブルをunionで作って、
文字列の長さを長くしておいて


SELECT REPEAT('a'100)
UNION
SELECT REPEAT('a',1)
UNION
SELECT REPEAT('b',10);


プログラム側で、一番最初のレコードを取得しないみたいな感じでやるとできた
1 / 2| 次のページ »

— posted by midilin @ 03:23PM

カテゴリー » Mysql September 19, 2007

group byの説明 ID:1190183282


http://www.pursue.ne.jp/jouhousyo/SQLDoc/select13.html
1 / 2| 次のページ »

— posted by midilin @ 03:28PM

カテゴリー » Mysql July 31, 2007

PHP+Mysqlで1億行を超えるデータ量を持つデータベースや1テーブルで20Gバイトを超えるテーブルなど ID:1185863834


PHP+Mysqlで1億行を超えるデータ量を持つデータベースや1テーブルで20Gバイトを超えるテーブルなど。


楽天のJavaとPHPの使い分けなど


http://itpro.nikkeibp.co.jp/members/SI/oss/20031007/1/
http://q.hatena.ne.jp/1184991094
1 / 2| 次のページ »

— posted by midilin @ 03:37PM

カテゴリー » Mysql July 31, 2007

MysqlのDate型で月を検索したい場合 ID:1185850831


1.LIKEを使う場合


1文字用のワイルドカード「_」(アンダーバー)を使い、対象月を「OR」で結ぶ「。
開始月、終了月によってSQLが変わってくる

[例]1月、2月をselectする場合
SELECT * FROM tablename
WHERE YMD lLIKE '____-01-__' OR YMD LIKE '____-02-__';


2.MySQLの関数を使う場合


$min_mm = 開始月;
$max_mm = 終了月; // 開始月 <= 終了月 であること
SELECT * FROM tablename
WHERE SUBSTRING(YMD,6,2) >= '$min_mm'
AND SUBSTRING(YMD,6,2) <= '$max_mm';


http://sb.xrea.com/archive/index.php/t-5546.html
1 / 2| 次のページ »

— posted by midilin @ 12:00PM

カテゴリー » Mysql July 30, 2007

Mysql+PHPでselectの検索件数(総計)を取得 ID:1185783043


mysql_num_rows()を使う


$link = mysql_connect("localhost", "mysql_user", "mysql_password");
mysql_select_db("database", $link);

$result = mysql_query("SELECT * FROM table1", $link);
$num_rows = mysql_num_rows($result);

echo "$num_rows Rows\n";


http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1447277
http://manual.xwd.jp/function.mysql-num-rows.html
1 / 2| 次のページ »

— posted by midilin @ 05:10PM


カウンター