Today: Yesterday: Total: Online:
カテゴリー
その他
  • RSS1.0
  • RSS2.0
  • atom0.3
  • valid XHTML1.0
  • valid CSS2
  • Credit
RSSリーダーで購読する | この日記のはてなブックマーク数 | プロフィール
コメントが一番多い記事(233コメント):人の心理の裏をかくホームページ集客術:リピータになってもらうためには
ツイートが一番多い記事(94ツイート):ちょっと待て!twitterやfacebookに子供の写真を掲載する親達への警告
いいねが一番多い記事(574いいね):facebookスパムに要注意。なりすましの見分け方とアカウント乗っ取りの手口(2013年度版)

[ カテゴリー » Oracle » SQL*Plus ]

カテゴリー » Oracle » SQL*Plus January 17, 2011

PL/SQL をSQL*Plusで実行する ID:1295231619


BEGIN
プロシージャ名;
END;
/

もしくは
exec :ret := プロシージャ名;

http://www.oracle.co.jp/forum/message.jspa?messageID=3021876


また、ストアドファンクションは
直接sqlからも呼び出すことができ、
(ストアドプロシージャは、無名のPL/SQLブロックが必要)

FUNCTION FUNC_A(
a IN NUMBER,
b IN NUMBER)
RETURN NUMBER

のようなストアドプロシージャを実行したい場合は
SELECT FUNC_A(1,2) FROM DUAL;
で実行できる。


ストアドプロシージャの実行は無名のPL/SQLブロックが必要で
無名のPL/SQLブロックとは、名前のないPL/SQLブロック
BEGIN〜END;で囲まれたものをいう。

例)
BEGIN
declare
i NUMBER;
BEGIN
i :=0;
END;
END;

— posted by midilin @ 11:33AM

カテゴリー » Oracle » SQL*Plus January 17, 2011

dbms_output ID:1295230037


dbms_output

PL/SQL内の変数や値などを画面に出力する。


dbms_outputパッケージのプロシージャ一覧
disable:メッセージの出力を使用禁止
enable:メッセージの出力を使用可能
get_line:バッファから1行を取り出す
get_lines:バッファから行の配列を1つ取り出す
new_line:putを使用して作成した行を終了する
put:行をバッファに設定する
put_line:行の一部をバッファに設定する

SQL*PLUSでメッセージを表示するには
set serverout on
というコマンドを発行しておく必要あり。

— posted by midilin @ 11:07AM


カウンター