Today: Yesterday: Total: Online:
カテゴリー
その他
  • RSS1.0
  • RSS2.0
  • atom0.3
  • valid XHTML1.0
  • valid CSS2
  • Credit
RSSリーダーで購読する | この日記のはてなブックマーク数 | プロフィール
コメントが一番多い記事(233コメント):人の心理の裏をかくホームページ集客術:リピータになってもらうためには
ツイートが一番多い記事(94ツイート):ちょっと待て!twitterやfacebookに子供の写真を掲載する親達への警告
いいねが一番多い記事(574いいね):facebookスパムに要注意。なりすましの見分け方とアカウント乗っ取りの手口(2013年度版)

[ カテゴリー » SNS » facebook ]

カテゴリー » SNS » facebook June 18, 2014

og:type の一覧 ID:1403084392


わかりやすくまとめられている
http://www.inventory.co.jp/labo/facebook/facebook-open-graph-protocol-ogtype.html

— posted by midilin @ 06:39PM | Comment (0)

カテゴリー » SNS » facebook January 27, 2013

新手のfacebookスパムに要注意。なりすましの見分け方とアカウント乗っ取りの手口(2013年度版) ID:1359293317


最近、facebookのスパムが異常に多いです。

facebookのスパムとして多いのが

・自分と同じ市区町村の登録(現住所、出身地)をして、友だち申請をする
・自分と同じ趣味を持つもので、友だち申請をする

というものです。
スパム業者は適当な市区町村、趣味のデータを作成して
そこから友達検索でひっかかったものを無差別に友達申請をしているのでしょう。

スパムの見分け方としては

・かわいい女の子の写真が貼ってある
・facebookの設立アカウントが一ヶ月以内
・アカウントの友だちが3人未満
・過去にほとんど行動実績がない
・友達のリストが全て男性

自分の交流がないユーザーだったら、
9割型スパムだと思ってもよいと思います。

間違って友だち承認をしてしまうと
自分を起点に、個人情報が駄々漏れになって
他人にも迷惑をかけてしまいます。

こういうユーザーから投稿があったら、迷わず、拒否しましょう。

多いのがモデル系、課金SNSなどへの誘導です。

また、「一見誘導リンクが何もない」場合がありますが
これは現在は誘導リンクがないだけで、
ある程度ひっかけた人が多くなって
信頼できるアカウントに見せかけられるようになったら
誘導させられる可能性もありますので要注意です。


迷ってしまうのが、自分の友だち経由で申請があった場合です。
自分のリアル友達が承認してあるアカウントだから
信頼できる人からの申請なのかなと思い込んで
アカウントを承認してしまうと、同じ被害を受けることになります。

こういう場合、リアル友だちが知らずに、スパムアカウントに承認している可能性があるので
自分の面識がないユーザーから友だち申請が来た場合は
リアル友達に、本当にそのアカウントと長い間の交流があるかを判断してから
アカウントの承認判断をしたほうがよいです。
もし交流がなければ、間違いなくスパムを疑ったほうがよいです。

一度承認をしてしまうと、そのスパムアカウントに信頼を与えてしまい
自分も加担してしまいます。

友だちリストが全て男性の場合、
ひっかかっていて気が付かないで友達を承認しているのです。

「facebook スパム」で検索すると、情報がでてきますが、
思ったよりもネットで検索したら情報が少なかったので
今回記載しました。


一人でも多くの人がfacebookのスパム申請に気が付きますように。


(2013.5.28追記)

朝のテレビ(日テレ)のZipで、facebookのニセ申請について取り上げられていました。
電話番号やクレジットカードを盗み出すために、
ニセ申請が横行しているとのこと。


ニセ申請に使っている女の子の画像は、他のサイトから無断利用など、
やりたい放題行われているようです。


2013年5月現在では、日本のfacebook利用率は1900万人程度ということですが
テレビでも放送されるくらい、facebookのスパムが増えてきたということなので
本当に注意しましょう。


自分だけでなく、自分の友だちや家族を守るためにも
このブログの記事を少しでも多くの方が見てくれれば嬉しいです。

(2013.7.9追記)
スパム以外に、facebookのなりすまし・アカウントの乗っ取りも横行しています。

数日前のニュースでは、アイドル関係者になりすまして、相談にのることで
37万人から計116億円をだまし取ったということも報道されています。

7月現在、なりすましの特徴としては

・登録名は「ローマ字」
・プロフィール写真は性別を男性に選択した場合に表示される基本設定
(プロフィール写真が何も設定されていない)
・写真・投稿が一切されていない
・他の情報は一切登録されていない

が多いようです。

他に多いケースとしては

・会社の上司のなまでアカウントを作成して、友達リクエストを送る
・友達の同姓同名のアカウントを作成
・女性をかたるアカウント場合は、結婚前の旧姓などを使って作成

というのも送られているようです。

アカウント乗っ取りのケースとしては
Facebookでは、3人の友達を利用してパスワードを変更できる機能があるため、
(Facebookのパスワードを忘れた場合、友だちの手助けを得て
 アカウント再開する機能がある)
これを逆手に取って、アカウントが乗っ取られるケースがあります。

facebookのアカウントの乗っ取り方は

・facebookのログインしていない状態で「パスワードを忘れた場合はこちら」をクリック
・アカウントの特定をクリック
・乗っ取りたい相手の情報を入力
・「上記メールアドレスが利用できない場合」をクリック
・自分で作ったメールアドレスに、乗っ取るアカウントを記載
・「アカウントの再開を友達に手伝ってもらう」

あとは、アカウントを乗っ取ろうとした人が架空の友達を3人作り、
乗っ取りたい人に承認させてしまえば
自分のfacebookのアカウントが乗っ取られます。

乗っ取られたらどうしようもありません。

ついつい、友人や会社関係の人と多くのつながりを持ちたいと
無条件で承認しがちの友達申請ですが、
既に詐欺被害も出ていますので、
確実に友達リクエストの真偽を知るためには、
自分の知る関係者に、直接メールを送ることが確実でしょう。

確認の文面のメールを毎回、送るのは面倒かもしれませんが
面倒なら、以下の私が作ったメールをテンプレートで
友達申請があった方に、送って使っていだいてもよいので、
必ず、承認前に、相手に確認をするようにしましょう。

■facebookの友だち申請の事前確認テンプレート


こんにちは、●●です。
(お久しぶりです、●●です。)

facebookの友達申請をしてくれたようでありがとうございます。

確認なのですが、●●さんから友達申請を送ってくれましたよね?
現在、facebookの友人や会社の上司を語った
なりすましの詐欺が多いようなので、
(参考URL
 http://midilin.sakura.ne.jp/midilin/php/ppblog/index.php?UID=1359293317
一応、本当に友だち申請を送ったか、確認をさせて下さい。

よろしくお願い致します。


コピペして使っていただければ幸いです。

むやみに友達を承認することは
友達や家族の被害、最悪、自分のfacebookのアカウントや友達のアカウントが
乗っ取られることになるかしれないので、十分に注意しましょう。


・facebookのスパムを取り上げているサイト

Facebookで可愛い女子から友達申請が来たら9割はスパム
http://webdirector.livedoor.biz/archives/52550596.html

Facebookで届くスパムメッセージに返事してみたよ。
http://nufufu.com/archives/3793

【要注意】facebook のスパムアプリにご用心・対策まとめ
http://c-brains.jp/blog/wsg/12/10/24-125225.php

・facebookのなりすましについて書かれているサイト

Facebook、横行するなりすましの現状と対策
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1307/01/news012.html

たった3人の「友達承認」の罠、すべてのFacebook権限が奪われる
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20130717/491883/?n22&utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter

Facebookが注意喚起、“架空の友人”3人以上承認でアカウント乗っ取りリスク
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20130710/490502/?ST=security

— posted by midilin @ 10:28PM | Comment (0)


カウンター