Today: Yesterday: Total: Online:
カテゴリー
その他
  • RSS1.0
  • RSS2.0
  • atom0.3
  • valid XHTML1.0
  • valid CSS2
  • Credit
RSSリーダーで購読する | この日記のはてなブックマーク数 | プロフィール
コメントが一番多い記事(233コメント):人の心理の裏をかくホームページ集客術:リピータになってもらうためには
ツイートが一番多い記事(94ツイート):ちょっと待て!twitterやfacebookに子供の写真を掲載する親達への警告
いいねが一番多い記事(574いいね):facebookスパムに要注意。なりすましの見分け方とアカウント乗っ取りの手口(2013年度版)
この記事に対する TrackBack URL

選択ボタンを押すとトラックバックURLが選択されるので,マウスの右クリックメニューや「Ctrl+C」 「command key+C」などでコピーしましょう。

カテゴリー » 食べ物 October 14, 2004

おから ID:1097723353


前回簡単料理レシピということで、「納豆キャベツ」をご紹介しましたが
最近もう1つよく食べているもので、「おから」があります。

おからといえば、納豆と同じ大豆食品で
豆乳を絞ったときに残りカスですが栄養が豊富で
食物繊維やたんぱく質の含有量は豆乳よりもおからの方が多いのです。

100g中の食物繊維は、豆乳が0.2gに対し、おから11.5gと50倍以上のもの食物繊維があり、
たんぱく質含有量でも、豆乳が2gに対し、おからは6.1gにと3倍以上もあります。

また大豆には、以前納豆キャベツのところでのコメントもありましたが
豆に含まれる成分が女性ホルモンに似たはたらきをすることから
女性ホルモンの減少による更年期障害、骨粗鬆症などがある程度改善できると言われています。

そんな健康によいおからを使った料理を今日はご紹介します。



材料(4皿分)
・おから1パック
・人参1本
・醤油:大さじ3杯
・本だしのもと:大さじ1杯
・サラダ油少々
(+鶏肉or油揚げ)
・水:カップ2杯〜3杯半

(1)人参をきざみます。火が通りやすいように細かく切るのがベストです。

刻んだニンジン


(2)鍋に火をかけます。鍋が温まったらサラダ油をしきます

(3)油をのばした後、刻んだ人参を炒めます

ニンジンを炒める


(4)人参に火が通ったら、おからを投入します
(補足:鶏肉がある場合は、おからの前に鶏肉を炒めます。油揚げも同様。
 この日、油揚げを買いに行ったが売り切れだったので今回はナシ)

おから投入


(5)軽量カップ2杯〜3杯水をいれます。
   さらさらしたおからが好きなら、2杯、水気があるいおからが好きなら3杯水を入れましょう。
   私は中間をとって2杯半です。

水投入


(6)水がよくおからになじんだら、醤油を大さじ3杯投入。

醤油投入


(7)本だしの元を大さじ一杯投入
   ほんだしのもとを投入すると味がぐっとよくなります。

ほんだしのもと投入


(8)よくかき混ぜて、余った水分をとばすよう炒めます

かきまーぜーる


   味がよければこれで完成!
   (味が薄ければ醤油を足しましょう)

おから完成


・おから1パック:75円/4=18.75円
・人参1本=25円/4=6.25円
・醤油:大さじ3杯:数円
・本だしのもと:大さじ1杯:数円
・サラダ油少々:数円
(+鶏肉or油揚げ:90円/4=22.5円)
・水:カップ2杯〜3杯半

あわせて
約25円(鶏肉or油揚げをいれたら48円くらい)

安い!!!うまい!!!

作りすぎてもサランラップにくるんで冷蔵庫に入れておけば持ちます。
私は仕事が忙しいとき、これを作りだめ→冷蔵庫で保存して、
家に帰ったらレンジでチンです。
外食より、よっぽど健康に良いです。


●おからの参考リンク

おからひろば
http://www.okara.jp/

おから餃子 - [料理のABC]All About
http://allabout.co.jp/gourmet/cookingabc/closeup/CU20021201a/

おから茶の作り方
http://kenkoucya.hp.infoseek.co.jp/kenkoucya2.htm

おからクッキー(豆乳入)
http://park3.wakwak.com/~million/hits/okara-cookie.htm

おからドーナツ
http://yaplog.jp/kahopon/archive/6

おからかりんとう
http://www.fukuoka-colony.net/kasi.html

おからかぼちゃ
http://www.tepore.com/cooking/recipe/300028/

おからハンバーグ
http://www.shokuiku.co.jp/reshipi/reshipi2/r1402_02.html

2週間5000円!おからで節約健康生活
http://ruu.chips.jp/kikaku.okara

おからのケーキ[簡単レシピ&作り方]
http://homepage1.nifty.com/Zackin/recipe/okara.html

おからコロッケ
http://www2.pref.shimane.jp/kokubu/menu_okara.htm

アサリとおからのみそ汁
http://www.jf-net.ne.jp/jf-net/syun/recipedb/RecipeShowData.asp?RecipeID=3429

おからも忘れないで!
http://www.white-family.or.jp/healthy-island/htm/repoto/repo-to191.htm

注目される大豆の栄養素
http://www.shokukenshinbi.com/cgi/food/data/food01/1085714263.html

大豆の健康パワーを有効活用しよう!
http://www.techno-science.co.jp/column/column_20040302.html

おからのリンク集をざっと紹介しました。


しかしおからは残念なことに、大量に廃棄されています。

私が生まれるより前の時代かもしれませんが豆腐屋の前を通ると
たくさんのおからを玉にしたものが積み上げられていたそうです。

しかし、今は食生活の変化にともなって、売り場ではほとんど見られなくなり、
一部は家畜の飼料に使われているもののその利用も輸入飼料の増加などに押され
現在はそのほとんどが産業廃棄物となっているのが現実です。


おから処理問題では、以下のURLが面白い記事です。

東大阪市技術交流プラザ:特集(ものづくり見聞録)
http://www.techplaza.city.higashiosaka.osaka.jp/special/special9-1.html

上記URLで、ある豆腐制作企業では1カ月当たりに排出されるおからが10トンにものぼり
量やコストの問題から転用することもできず、結局、廃棄となっているということが書かれているのですが、
一方、「バイオドライ」というおから処理機を試験的に導入されているようですね。


また、下記の農業高校生がおからを有効活用できないかという取り組みも興味深いです。

農林水産省総合食料局長賞
さあ、みんなでおからを食べよう(おからアンパン・おから料理教室)
http://www.ruralnet.or.jp/shoku2002/2002/jusho2002_03.html


世の中には食べ物が困っている人がすごくいるのに、もったいないことですよね。
おからは腐りやすいから、輸出することは難しそうですが
おからの保存方法などが発見されたら、そういうところでも役に立てるのではと思うのですが。
— posted by midilin @ 12:09PM | Comment(6) | TrackBack(1) 
[コメントが多かった順の記事]
人の心理の裏をかくホームページ集客術:リピータになってもらうためには(233)
ホームページ心理学第2弾「メールの書きだしとホームページ運営・集客の関係」(76)
娘が生まれた(69)
ゲームと言えば、何を思い出す? (50)
Microsoftからアクセス (30)
「目標の立て方」と「努力」と「実行力」(26)
この記事に対する TrackBack URL

選択ボタンを押すとトラックバックURLが選択されるので,マウスの右クリックメニューや「Ctrl+C」 「command key+C」などでコピーしましょう。

今のところまだトラックバックされていません。


カウンター