「あなたのDQ・FF哲学」とは?


ドラゴンクエスト

 
「ドラゴンの炎」について
 (だうとさん投稿)

 
「勇者死亡ローラ姫強制送還」について
 (コリンキーさん投稿)

「ドラゴンの炎」異説について
 (しゅうさん投稿)
 「戦士の指輪」について
 (Rushさん投稿)

「ラリホー」について
 (Rushさん投稿)

「ドラゴンの炎」について
  (Rushさん投稿)

ドラゴンクエスト2

「ハーゴン大神官の苦悩」について
 (森田ノヴユキさん投稿)
「ロトの剣」について
 (クッポさん投稿)
「破壊神シドー」について
 (スペアリブさん投稿)

「2で最初に出てきた兵士」について
 (Rushさん投稿)
「ポイズンキッズ」について
 (Rushさん投稿)
「サイクロプス」について
 (Rushさん投稿)
「ロトのかぶと」について
 (Rushさん投稿)

「ムーンブルグの王女の女心の変化」について
 (Rushさん投稿)

「バシリスク」について
 (Rushさん投稿)

「ハーゴンの騎士」について
 (Rushさん投稿)

「ヒババンゴ」について
  (Rushさん投稿)

ドラゴンクエスト3
「バラモス」について
 (ウィンドさん投稿)

「3の時代は何時なのかについて」の新説
 (三上 雅人さん投稿)
「毒の沼地」の考察
 (mount-root-yyさん投稿)

「なぜ遊び人が賢者になれるか」の考察
 (aさん投稿)
「遊び人」の考察
 (aさん投稿)


「3の時代はいつなのか?」の考察(三上 雅人様投稿)について
 (yanryuさん投稿)

「ゾーマによりもたらされた恐怖」について
 (yanryuさん投稿)

「勇者の母の生活費」について
 (yanryuさん投稿)

「3の時代はいつなのか」について
 (三上 雅人さん投稿)

「カンダタ子分についての諸考察」について
 (カンダタ子分さん投稿)

「盗賊の宝箱(DQグッズ)とミミックと人食い箱」について
 (神楽坂さん投稿)

「遊び人はなんで賢者に転職できるのか」について
 (クッポさん、江端さん投稿)

「黄金の爪の不思議」について
 (クッポさん投稿)
「統一通貨G」について
 (高橋怜央さん投稿)
「賢者の行動」について
 (森田ノブユキさん投稿)
「勇者の行動」について
 (森田ノブユキさん投稿)
 「戦闘での敵の数」について
 (Takehikoさん投稿)

「ロマリアの宿屋の扉」について
 (Takehikoさん投稿)
 「ちいさなメダル」について
 (Takehikoさん投稿)

「勇者の脅威とバラモス・ゾーマ」について
 (森田ノブユキさん投稿)

「ニフラムの「光の中に消え去った」について
 (森田ノブユキさん投稿)

「水の羽衣の実態とその実用性」について
 (森田ノブユキさん投稿)

「スライムの生態およびその苦悩」について
 (森田ノブユキさん投稿)


「鉄の鎧の防具としての実用性およびその素材」について
 (森田ノブユキさん投稿)


「高レベルで雑魚敵に遭遇した際の勇者一行の行動」について
 (ゆきだるさん投稿)

「宿屋および食事における地域、民族性」について
 (森田ノブユキさん投稿)
「聖水とトヘロス」について
 (森田ノブユキさん投稿)
「アバカム」について
 (akiraさん投稿)


「ひのきの棒の使用法および武器としての有用性について
 (森田ノヴユキさん投稿)

「スライムの生態および捕食傾向について」について
 (森田ノヴユキさん投稿)
「ヒャド」について
 (森田ノヴユキさん投稿)
「ルカニ」について
 (akiraさん投稿)
「ベギラマ」について
 (森田ノヴユキさん投稿)
「スカラ」について
 (森田ノヴユキさん投稿)
「ホイミ」について
 (森田ノヴユキさん投稿)
「メラゾーマ」について
 (森田ノヴユキさん投稿)

「パーティ全滅、王様連行」について
 (森田ノヴユキさん投稿)

ついに暴かれるゾーマのプライベート!
 (スペアリブさん投稿)
「アカイライ」について
 (Rushさん投稿)

「メタルスライム及びはぐれメタル」について
 (ですやんさん投稿)
「魔王の爪あと」について
 (江端さん投稿)

「幸せの靴」について
  (Silliaさん投稿)

ドラゴンクエスト4

「マスタードラゴン」について
 (ほねさん投稿)

「進化の秘宝」について
 (二代目カンダタさん投稿)

「名前」について
 (コリンキーさん投稿)

「イオナズン」について
 (コリンキーさん投稿)

「魔人の金槌」について
  (Rushさん投稿)

ドラゴンクエスト5

「ゲレゲレは如何にして草食となったのか」について
 (mount-root-yyさん投稿)

「スライムの灼熱」について
 (Rushさん投稿)

「スライム」について
 (Rushさん投稿)

「ネーレウス」について
  (Rushさん投稿)

ドラゴンクエスト6

「ハッサンと父親の喧嘩」について
(いとさん投稿)

「無口な主人公」について
  (Kanさん投稿)

ドラゴンクエスト7

「シリーズ同士と現実世界の関連性」について
 (コリンキーさん投稿)

「時代背景」について
  (てっちゃんさん投稿)

ドラゴンクエスト8

「ドラクエ世界の保存食」
  (mount-root-yyさん投稿)

ドラゴンクエスト9

「うずしおキングについて」
  (Y.Mukasaさん投稿)

ドラゴンクエスト全般
「鉄の剣と鋼の剣」(異聞編)
 (ほねさん投稿)
「鉄の剣と鋼の剣」ついて
 (ほねさん投稿)
「鉄の剣と鋼の剣」ついて
 (ほねさん投稿)

「メタルスライムとスライム」ついて
 (戸紳さん投稿)
「勇者とは何か?」ついて
 (コリンキーさん投稿)

「三大特技の発生条件」ついて
 (りゅうおさん投稿)
「あなほりの謎」ついて
 (mount-root-yyさん投稿)
「ルーラ」ついて
 (弐代目カンダタさん投稿)

「モンスターを倒したときのG」ついて
 (りゅうおさん投稿)
「モンスターとの戦い」ついて
 (神楽坂さん投稿)

「DQのかわいそうな女性キャラ達」ついて
 (りゅうおさん投稿)
「倒した!」ついて
 (コリンキーさん投稿)
「ドラクエの神様」ついて
 (コリンキーさん投稿)
「モンスターの生態」について
 (三上 雅人さん投稿)
┠ ┃「主人公=勇者は公式なのか」ついて
 (コリンキーさん投稿)
「装備:防具」について
 (コリンキーさん投稿)

「人間と魔物の間で結ばれた密約」について
 (神楽坂秋人さん投稿)

「シリーズ同士と現実世界の関連性」について
 (コリンキーさん投稿)
「LVアップに伴う魔法習得」
 (ユーリルさん投稿)
「シリーズ同士と現実世界の関連性」について
  (コリンキーさん投稿)

ファイナルファンタジー4

カインの「ジャンプ」についての考察
  (Y.Mukasaさん投稿)

ファイナルファンタジー6
「リネームカード」について
 (ウィンドさん投稿)

「カタナ」について
  (M・加藤さん投稿)

ファイナルファンタジー7

「メテオとコメットの矛盾」について
 (はかせさん投稿)

「203ミリ砲弾の安全な撃ち方」改について
 (はかせさん投稿)

「安全な203ミリ砲弾の使い方」について
 (はかせさん投稿)

「203ミリ砲弾の撃ち方」について
 (はかせさん投稿)

「クラウドの決め台詞「興味ないね」」について
  (いとさん投稿)

ファイナルファンタジー8

「スコールの好きなこと」
  (いとさん投稿)

ファイナルファンタジー9

「トランス」について
  (M・加藤さん投稿)

ファイナルファンタジータクティクス

「火の魔法」について
  (おとぎりせんべえさん投稿)

ファイナルファンタジー全般
「ゲーム全般」について
 (ウィンドさん投稿)
「黒魔道士」について
 (おとぎりせんべえさん投稿)
「エリクサー」について
 (Silliaさん投稿)

「自分探しについて」
  (まめぞーさん投稿)

DQ・FF番外編(合体ネタ)

「FFとDQどっちが強いか?」について
 (弐代目カンダタさん投稿)

「FF・DQ世界の通貨単位」について
  (Silliaさん投稿)
「遊び人はなんで賢者に転職できるのか」の考察
DQ3より投稿者 クッポさん、江端さん
 先日、気まぐれ日記でミディリン@安田の方で、こんなものを掲載しました。

ドラクエやFFの世界の主人公達も
大魔王を倒すという目的はあるものの、
普段はいったいどうやって暮らして生計をたてているのでしょう。

たとえば、DQ4のクリフトです。

クリフトの職業は神官でありますが、
いったい、どのようにして生計をたてているのでしょう。
疑問に思いました。

教会の寄付金が主な収入源になるのでしょうか。
そういえば、前の会社の同僚が、学生時代に巫女さんをやっていて
そこの神主さんと結婚をして、専業主婦をやっているのですが、
この不景気の世の中、専業主婦をできるとはそこそこ、
旦那さんの稼ぎがよくないととてもですが、暮らしていけないと思いますので
もしかしたら、寄付金などは結構な額になるのかもしれません。

そう考えると、クリフトが教会の寄付金で生活をたてているのも
多少は納得はできます。
実情を考えると、城や街の人々で怪我をした人に
癒しの魔法をかけて、そのときにいくらかを寄進してもらうというのが
現実的な話ではないでしょうか。

王宮戦士ライアンは、城の兵士としてきっとバトランドから
お給料が支給されているに違いありません。
トルネコ(取る猫って変換された)は、家が武器屋だし、
ミネアとマーニャは占いと踊りで、生活をしております。

これをドラクエ3の世界でも考えてみます。
各職業がどうやって生計をたてているのかを考えると、
戦士や武道家や魔法使いは、用心棒や傭兵として雇われることで
固定収入は期待できませんが、ガードマン的な役割で職があります。

商人は、各国との貿易で利益をもうけ、
盗賊は、一攫千金を狙ってお宝を探しあてているかもしれません。
僧侶は、クリフトと同様、教会勤もできます。

では、遊び人は!?
おまえは、どうやってお金を稼いでいるのだ!?

戦闘中にわけもわからず、踊るわ、ぐーすか寝るわ、
あげくの果てには、女の子のお尻を触ってセクハラまがいなことまでします。
パーティーのごみです。
それは、いつかは賢者に転職はできる素質の持ち主かもしれません。
しかしそれまで、ただ飯を食べさせ、一生懸命育てる
勇者お母さんの気持ちも考えて御覧なさい。

そこで遊び人はどうやって生計をたてているかを考察してみました。

安田、先日、サーカスを見てきたのですが、
ライオンやトラの猛獣ショーや象さんの逆立ち、
キリンは出るわ、バイクはかけまわるわ、炎が出るわ、あっけにとられました。

そこでサーカスには、あるショーを終わらせ、
次のショーをする間に、多大なセットをしなければいけません。
準備する時間が必要なのです。

そのショーとショーの合間に準備している時間、客にしらけさせないように
間を持たせるために、ピエロが登場し、客達に笑いをとらせます。

そう、よくよく見ると、DQ3の遊び人、ピエロの格好をしているではないですか。
つまり、遊び人(男)は、サーカスとサーカスの合間に客達に笑いを提供して
それで生計をたてているのです。

私は先日、サーカスにいって初めて遊び人がどうやって生計を立てているかを目にしてまいりました。

では、遊び人はなぜ賢者に転職できるのでしょうか?
僧侶や魔法使いでさえ、きわめても賢者には就職するのは難しい、
悟りをひらかなければいけないのです。
それが、何故遊び人ごときが、賢者に転職できるのでしょうか。
誰かこの疑問に答えてください。


という疑問を安田が思ったところ、
遊び人は何故賢者になれるかというものが読者さんから来ましたので
それをDQ哲学に掲載しちゃいます。


クッポさん

悟りの極値は遊びにあるんでしょう。
つまり悟りの書には真の遊びみたいなことが記載されているんです。
そして遊び人はレベルが上がるごとに自動的に
遊びの極値に近づいていくんですよ(笑)

江端さん

遊び人がなぜ悟りを開けるか!
についてです。

これは確かに・・・・
と気になってしまって授業そっちのけで・・・・
いえ、何でもありません。(笑)

古文のテキストを開いてパラパラ見てたときに思いついたんですよね。
あと、日本史でちょうど密教とかやったし。

受験生ならではの考察なのかなぁ?(笑)


遊び人、彼がなぜ悟りを開けるか!

ココで思い出してもらいたい人物が1人!
“健康”さん・・・いや兼好さんです。
え?だれかって!?
かの有名な吉田兼好さんです。

彼は兼好法師というぐらいだからお坊さんです。
(かなり偏見に満ちたお方だったみたいですが)
彼はお坊さんだから多少なりとも悟りを開こうとしたに違いありません!
(ココはかなり想像。)
そんな彼は中学生でも知っている徒然草の冒頭で

“つれづれなるままに、
日ぐらしすずりにむかひて、
心にうつりゆくよしなしごとを、
そこはかとなく書きつくれば、
あやしう こそ ものぐるほしけれ。”

と書き記しております。

これを訳すと

“何もすることがないヒマなときに
朝から晩まで硯に向かって墨をすって、
自分の心に浮かんでくるとりとめのないことを書き綴っていると
変に気違い(差別用語!?)みたいな気持ちになることだ。”

と書いておられます。(笑)
おそらく遊び人の彼はこんな状態なのでしょう!

しかも、徒然草の中には
世の無常、人の生死のことが多くの段ででてきます。

最初のうちは勇者らとともにモンスターを殺戮していきますが、
Lvが上がるごとにだんだん悟りだして
(本人は意識してない。)
世の無常、人(モンスター含む)の生死について考え出すんです。
そして、だんだん戦わなくなってきます。
出来たヒマな時間で兼好さんのような気持ちになり
戦闘中にあんなことをするのでしょう。(笑)

そして、悟りが開ける!
悟りが開ければ、
加持祈祷も可能になり、
現世利益を人々に与えることが出来る!
(賢者になって魔法が使えだす理由。)

しかも、悟りが開けたかどうかというのは
本人しかわからず、
さらに言葉には表わせないというのが密教にあるんですよね。
本人が悟れても他の人が同時に悟れないのはそのためです。
(悟りの書は不自然!?)

仏教とかでは悟りを開くというのは
仏(如来)になるということを意味してます。(たしか)
観音様もまだ修行中なんですよね。
よってキリスト教の方がた(ヨーロッパ系の宗教)
は神は唯一のものと考えてるため、
悟りを開き自分が仏(神)になる。
とは考えないのでこの意味で悟りを開くことはないのでは?
勇者達が何教なのかは分かりませんが、
神に仕える僧侶が賢者になれないのはこのため?

魔法使いも攻撃魔法を主体に覚えるということは
殺戮を目的に修行をした・・・・・
というわけで、遊び人の考えとは相容れず。
よって魔法使いも賢者になれず。
他のメンバーについても同様のことがいえますね。

賢者になった後、
殺戮を繰り返すようになるのは・・・・
仏が悪人に対して戒めを与えるのと同様?

それとも、

闡教には殺劫という考え方があり、
人間が仙人になっても一つだけ克服できないもの!
これはどうしても殺し合いをしたくなるという
下界から持ち込んだ本能的な衝動で
我慢が出来なくなると、
頭が変になり、心が落ちつかず気が収まらなくなる

そうです。
(封神演技より)
このことによるのか!?

以上のことが
“遊び人が賢者になれる理由”
ということにしたいと思います。


 

ドラゴンクエスト 小説 攻略 音楽があるパステル・ミディリンに戻ります
 
カウンター