もんじゃ検索

携帯版もんじゃ検索 | リンク掲載依頼 | お問い合わせ | もんじゃ掲示板
 > 

四国の讃岐(香川県)にも「もんじゃ焼き」と呼ばれているものが存在する。このもんじゃ焼きは、東京地方のもんじゃ焼きと違い歴史はまだ浅い。戦後の香川県にはかけうどんに野菜と小麦粉を入れて焼く風習があり、お好み焼きとは違う独特の見た目からもんじゃ焼という名前がついて「讃岐のもんじゃ焼き」と呼ばれるようになった。
[特徴] 讃岐うどんのダシが基本となる為、いりこと昆布ダシとうどんが入っているのが大きな特徴である。
[食べ方] 讃岐のもんじゃ焼の作り方は、基本的に関東地方と同じ作り方になり、始めに具材でどてをつくり、その後ダシを入れてよく混ぜ合わせ、水分が蒸発すれば完成。焦がさずにとろっとした状態で食べる。

記事元:Wikipediaより引用