そろばん教室検索

携帯版そろばん教室検索 | リンク掲載依頼 | お問い合わせ | そろばん教室掲示板
 > 

そろばんは珠(たま)、枠(わく)、芯(軸ともいう)を組み合わせて作られる。珠は樺(かば)や柘(つげ)、枠は黒檀(こくたん)、芯は煤竹(すすたけ)のものが一般的であるが、原材料が入手しにくくなってきているため、廉価なものでは積層材が使われることもある。現代でもほとんどの製造工程が手作業で行われており、枠に製造者の銘が入っているものも多い。枠は上下左右の枠、梁(はり)または中棧(ちゅうさん)といわれる横板、裏軸や裏板からなる。それぞれの芯は梁に通され、枠によって固定されている。また、天(上側)に1つの珠(天1珠)、地(下側)に4つの珠(地4珠)が通されている。これを桁(けた)という。桁の数は奇数と決まっており、現在一番多く作られているのは23桁のものである。また、梁には真ん中を基準として、左右とも端まで3桁ごとに定位点が打たれている。なお、枠の左側を上(かみ)、右側を下(しも)という。珠を上下に滑らせることで計算が行われ、梁と接している珠の数が盤面に置かれている数字(布数)を表す。天1珠は0または5を表すため五珠(ごだま)、地4珠は0から4までを表すため一珠(いちだま)という。これらを組み合わせると、1桁で0から9までの数を表せる。2桁なら99まで、3桁なら999までと、桁を増やすごとに表せる数字の桁も同じだけ増えていく。これは十進法で計算するために工夫された構造である。
中国から伝来した当初には、枠が大きく珠の形状が丸い中国の算盤(さんばん)をまねた天2珠・地5珠のそろばんが用いられていた。このそろばんは、五珠で0、5または10、一珠で0から5まで、1桁では0から15まで表せる。現代の中国で算盤がいまだに用いられることがあるのは、尺貫法(尺斤法)が民間に根強く残っているからである。中国で発達した尺貫法では、度量衡の重さの単位で1斤が16両と定められていたため、十六進数の計算をする必要があったのである。日本では江戸時代にそろばんが広まっていくうち、枠の大きさが手の大きさにあわせて小さめに、珠の形状がすばやく計算しやすいよう円錐を2つ合わせた菱形のような形に、また、十六進数の計算が必要ではなかったため、使わない五珠を1つ減らして天1珠・地5珠の五つ珠(いつつだま)にと変化していった。時代が下り、昭和10(1935)年に小学校での珠算教育が必修となった際に最後の不要な一珠が取り除かれて天1珠・地4珠の四つ珠(よつだま)のそろばんが作られるようになった。このように日本のそろばんは高速で計算できるように工夫がなされてきており、このことが世界的な普及につながっている。国際的にメートル法が使用される現在では、中国でも天1珠・地4珠の四つ珠のそろばんが普及してきている。

記事元:Wikipediaより引用