書道教室検索

携帯版書道教室検索 | リンク掲載依頼 | お問い合わせ | 書道教室掲示板
 > 

毛筆による書道の場合、硯・筆・紙・墨が最低限必要な用具であり、文房四宝と呼ばれる。墨が固体の場合、水も必要となる。このほか、毛氈と呼ばれる下敷きも多用される。
筆:馬、羊、狸などの動物の毛をまとめて木や竹の柄の先に取り付けたものが一般的である。ほかに、鶏、鼬、マングース、孔雀などもある。
紙:大量生産された書道用紙が多く用いられるが、高級なものでは宣紙、和紙なども使用される。
墨:インクである。植物油や石油、松などの煤を膠で固め、保存性を高めたものが市販されている。植物油・石油からできたものは「油煙墨」、松からできたものは「松煙墨」という。また、液体として墨汁も多用される。
文鎮:紙を固定するための重りである。大きさや重さに特に制限はない。

記事元:Wikipediaより引用