太極拳検索

携帯版太極拳検索 | リンク掲載依頼 | お問い合わせ | 太極拳掲示板
 > 

武術として継承されてきた伝統的な太極拳は、後述の制定拳に対して「伝統拳」と呼ばれる。伝統拳はその伝承系統や各伝人によって内容にさまざまな違いがあるが、「伝統五派」という五つの系統に分類するのが普通である。伝統五派は、それぞれ創始者あるいは代表的な継承者の姓をとって、陳、楊、呉、武、孫の名を冠する。かつては「陳氏太極拳」「楊家太極拳」のような名称が多く用いられていたが、第2次世界大戦後は中国をはじめとして「陳式太極拳」のように「〜式」と呼称するのが一般的である(中華民国では現在も「〜氏」と呼称するのが一般的である)。近年、従来は陳式の一派(趙堡架式)とされていたものが、和式太極拳として認定された。各流派に分かれているが、共通の基本功として「十三勢」があり、基本功が習得された後、「套路」、「推手」、「散手」と進むのが一般的である。また、十三勢の中に流派ごとにさらに細かい「太極拳の技法」がある。
また、伝統拳はそれぞれの門派において剣、刀、杆、槍などの器械(武器)を用いた套路を伝承しており、門派毎に伝承内容は異なる。中国武術において器械は手の延長と見なされ、徒手の応用であると同時に、一種の練功法として行われている。太極拳においても、太極剣、太極刀など(器械套路)と太極拳(徒手套路)は同一原理に基づくものであり、器械を練習することによって太極拳の理解がより深まり、武功の成長が促されると考えられている。例えば、剣尖まで勁を伝えるように剣を練習をすることで、全身を協調させて運勁し、発勁するための有効な練習となる。また、剣には刃がついているため、徒手より動作に意識が集中しやすく、気功的あるいは武術的鍛錬として高い効果が期待できる。
陳式太極拳
全ての太極拳の源流であり、河南省陳家溝の陳一族を中心に伝承されてきた。動作は剛柔相済、快慢兼備を特徴とし、太極拳に特徴的な柔軟さや緩やかな動きだけではなく、震脚(強く脚を踏みならす動作)を行い、発勁方法は明勁(素早く激しい発勁の仕方)を重視し、纏絲勁によって全身の勁を統一的に運用する。一般的な太極拳のイメージからすると、特に二路(砲捶)は非常に剛的な印象をもたれ易い風格であるが、高齢の達人の拳風は内勁重視のため、むしろ楊式や和式を連想させる緩やかなものである。また陳氏の太極拳には大別すると平円重視の大架式と立円重視の小架式の2つのスタイルがあり、大架式からは新架式が派生し、小架式からは趙堡架式が派生した。20世紀に入り、陳発科が北平(北京)で大架系統を教授してから一般に広まったといわれる。
楊式太極拳
陳家溝で太極拳を学んだ楊露禅が北平(北京)に出向き伝えた。露禅は実戦高手として楊無敵と讃えられ、その評判故に請われて多くの者に教授した。その拳は非常に柔らかな動きで、「綿拳」「化拳」と称されたと伝えられる。その後も露禅の子、孫と三代にわたって楊式は改変され、現在普及しているのは露禅の孫楊澄甫が伝えた大架式の套路である。楊式にも動作に緩急を伴う小架式及び二路砲捶が存在するが、最も普及した大架式の動作はのびのびとして柔らかく、発勁法は緩やかな暗勁(激しい打撃動作を行わない発勁の仕方)であるため、最も広く行われている。
楊式太極拳の理論書としては、楊班侯伝の「太極拳九訣」や楊澄甫伝の「太極拳老譜三十二解」がある。
後述の制定拳は楊式をベースにして構成されている。
呉式太極拳
楊露禅の子楊班侯に師事した呉全佑(満州族出身)とその子呉鑑泉によって確立した。呉鑑泉が上海精武体育会で教授したため、香港を中心として中国国内はもとより、とりわけ華僑の間に普及した。動作は緊密でまとまっており(小架式)、楊式初期の風格を残していると言われる。満州族のシュアイジャオ(投げ技を中心とする武術)に由来するといわれる前傾姿勢が特徴的である。伝承系統によって歩距や架式の高さに比較的違いが大きい。
武式太極拳
楊露禅の支援者武禹襄が露禅に学んだ後、河南趙堡鎮の陳清萍に学び、さらに工夫を加えて成立した。武禹襄は太極拳の理論化に貢献した。近代の「太極拳」の名は、武禹襄の兄秋瀛が再発見した王宗岳の「太極拳譜」に由来するといわれる。武式は太極拳の精華と評され、厳密な身体の運用と実戦的側面を伝える門派である。しかし、武禹襄が親族にしか伝拳せず、その後も近年まで保守的であったため、伝承者はきわめて少ない。著名な伝人?為真の姓をとって「?式」と呼ばれることもある。
孫式太極拳
高名な武術家孫禄堂が、郭雲深に学んだ形意拳の歩法、程廷華に学んだ八卦掌の身法、?為真(武式)に学んだ太極拳の手法を統合して完成させた、孫家拳を代表する套路である。開合によって動作を連関し、快速な活歩によって転換するため、一名「開合活歩太極拳」と称される。

記事元:Wikipediaより引用