【第126話】

隠れた趣味


王様を捜すため、あちこちを探している私。

気がつくところはほとんど調べ終わった。

どこにいるんだろう?

もしかして、あそこにいるなんてことは・・・・・・・



「・・・・・騒がしいわね・・・・・・」


うんざりした口調でつぶやいた。

今、わたしはロマリアの城下町に一個だけある格闘技場に来ている。

人が集まるところと言うと、こんな所しかない。

ここで、王様の情報を得られるかしら・・・・・


ちなみに、格闘技場とは、モンスター同志を戦わせ、

どちらが勝つか?

を当てる、賭事をするところ。


わたしは、賭事は好きでないので

(お金自信、あまり欲しいとも思わないし)

まったく知らない世界なんだけれど

わたしが、ここで賭事をするわけでないし、情報を集めるだけだから・・・・


その辺の人に声をかけてみようと思ったとき、

格闘技場の観客席で、やたらと興奮している初老のおじさんが目についた。

どうやら、何回も賭に成功して、大儲けしているようだ。


・・・・・・・・ん?

もしかして、あの姿は!?



「おうさま!」


「ん?

 おぉ〜チェルトか!

 こんなところで会うとは奇遇だのぉ〜」


「奇遇だのぉ〜

 じゃないですよ!

 ずっと探していたんです!」


「なんじゃ、お主もやりたかったのか」


「違います!」


そんなこと、いっていないじゃない!

この王様のペースに巻き込まれてはダメだ。


「王様、わたしは女王になりたいとは思っていないです!」


「しかし、あの宴で言ったではないか」


「あ、あれは・・・・その冗談で言っただけで・・・・・

 で、でも・・・・・・本当に王位を渡すなんて、思いもしなかったです!」


「お主は愚痴が多いのぉ〜」


「だから、違います・・・・・・」


もう半べそ状態だ。


「わかった、わかった。

 要するに、王位をつぎたくないというのじゃな」


「・・・・・・はい・・・・・・」


「しかし、お主も言ったことに責任を持たなければいかん。

 そ・こ・で・じゃ!」


ま、また・・・・・この王様・・・・

何かたくらんでいるでしょ・・・・・


第127話 賭け

前ページ:第125話 「演技」に戻ります

目次に戻ります

ドラゴンクエスト 小説 パステル・ミディリンのTopに戻ります