【第133話】

わたしが見たかったもの


魔王バラモスを倒してから、まっすぐアリアハンに帰ろうと思ったけれど

ポルトガ、ロマリアと少々寄り道をしてしまった。

両方とも悲しい出来事だった・・・・・・・


でも、行ってみて良かったと思う。

平和は取り戻したけれど、だからといって今まで起こった悲劇は

現実に起きたこと。

それは決して忘れてはいけない。

もうこのような過ちがおきないように・・・・・



ついに、戻ってきた・・・・・・

故郷アリアハンに・・・・・・


どんな顔で帰ればいいのかな・・・・

お母さんに、幼なじみ達に、王様に、お城の兵隊さん達に・・・・

・・・・・ちょっとわかんないや・・・・・・・

そんなことを考えながら、アリアハンの街に入った。


「チェルト!」


街には行った瞬間、大きな声で呼び止められた。

道具屋のおじさんだ・・・・・・・


「おぉ〜いぃ!

 チェルトが帰ってきたぞ!!!」


おじさんのかけ声とともに、

・・・・アリアハンの人達が・・・・・・

私を出迎えてくれた・・・・


「チェルト!」


「待ってたんだよ!」


「遅かったじゃないか!」


幼なじみ、剣術、魔法学校の同期の懐かしい友達が

私の周りに集まってきた。


「ずっと・・・・・待って・・・・・いたの?」


「そうだよ!

 バラモス退治の知らせは2日前に届いていたんだから!

 チェルトがすく帰ってくると思って、

 街中みんなでお祭りの準備をして待っていたのに。

 どこで油うっていたのよ!」


「う、うん・・・・・ごめん・・・・・・・・・」


もうバラモス退治のことは、王様には伝わっているとは思っていたが

街のみんなまで広まっているとは思わなかった。


「何、主役が謝っているの?

 さっ、早くいこう!」


「い、いくってどこへ?」


アリアハンの中心にある大広場に連れてこられた。


「もう、みんなできあがっちゃっているよ」


街はお祭り騒ぎだった。

たくさんの店が出ていて

音楽に合わせて踊っている人もいれば、

おしゃべりをしている人もいる。

おいしそうに食べ物を食べている人もいる。

でも、みんなに共通でいえることは、とにかく、楽しそう・・・・・・・・・

みんなが、幸せそうにしている・・・・・

それを見ていたら、涙がぽろっと流れた。

あ、あれ?

なんで?


「チェルト〜

 武勇伝聞かせてくれよ。

 バラモスって、どんなやつだった?

 ん?

 お、おいっ!?

 チェルト、なんで泣いているんだ?

 どうしたんだよ!?」


「チェルト、どうかしたの!?」

 

・・・・・・・・わたしは・・・・・・・・・

これが見たかったの・・・・・・

 

そうよ・・・・・・・・

みんなが幸せそうにしている姿が・・・・・・・・見たかったの。

父さんが命をかけて夢見た世界・・・・・・・

良かった・・・・・・

今、本当に平和を取り戻したと実感した・・・・・


第134話 笑顔

前ページ:第132話 「第131話について」に戻ります

目次に戻ります

ドラゴンクエスト 小説 パステル・ミディリンのTopに戻ります