【第13話】
クラウド編第13話
コルネオお気に入りの子


コルネオの部屋に入ると、

そこには、一人の太った鼻を伸ばした男がいた。

まさしく、こいつがコルネオだ。

言わなくても、スケベだとわかる顔だった。




「ほぉ・・・・お主達が、新入りか。

 そうか、そうか。

 中々のがそろってるのぉ。

 ほひ〜! いいの〜、いいの〜!

 どのおなごにしようかな? ほひ〜ほひ〜!

 このコにしようかな〜?

 それともこのコかな〜?」


(こうやって、一人残されるわけね。

 エアリスには悪いけれど・・・・

 私に決定ね。

 クラウドは問題外だけれど、

 今回は自分でもかなり自信ありだし、

 お化粧もばっちりしたんだから。


 私が残ったら、このコルネオぶっとばすから!絶対許せない!

 女の敵!

 そのつら、たたきのめしてやるんだから!)



(ティファ、ごめん・・・・

 今回は私の勝ちね。

 ティファも相当かわいいと思うの。

 かわいいとは思うんだけれど、

 でも、私の方が少し年上だし、

 ここは負けられないというか、やっぱり、年上の女性の魅力っていうのかしら?

 ティファには悪いけれど、私がコルネオをこらしめる役を

 やらせてもらうわね。


 それにしても、コルネオって本当に、スケベそうな顔の男ね・・・・

 きっと、お金に物を言わせるタイプよね。

 最低・・・・・)



(ったく・・・・

 まぁ、俺が選ばれることはまずないだろうから、

 ティファかエアリスが選ばれることになるだろうが・・・


 しかし・・・・なんだ。

 さっきから、ティファとエアリスの間で

 何か激しい視線を感じるが・・・

 気のせいか。


 しかし、不安だ。

 二人が選ばれたあと、

 俺は果たして助けられるか・・・・)


「今夜の相手は・・・・」


(絶対、ぶっとばしてやる・・・・)


(早く決めなさいよ・・・・・)


(う〜ん、どうやって、ティファかエアリスを助けるか・・・)


「この骨太のおなごだ!」


「・・・・・・・・・・・・・・・・・」


「・・・・・・・・・・・・・・・・・」


「・・・・・・・・・・・・・・・・・」


「え!?」


「えぇええ!?」


「・・・・・・

 え?

 お・・・い、いや、私!?」


「そうじゃ!

 おまえじゃ!」


「ちょ、ちょ、ちょっと待て!

 いや、待ってください!」


「いや、待たん!

 ほひ〜〜!!!!

 お前が気に入ったのじゃ。

 部屋に入ったときから、実は決めておったのじゃ!

 一目惚れじゃ!」


オヤジ、まじかい!



第14話 残された二人の想い

前ページ:第12話 「女装本番:クラウドお姉の誕生」に戻ります

目次に戻ります

パステル・ミディリンのトップページに戻ります!