興信所検索

初めて調査を依頼する初心者向け興信所・探偵事務所検索サイト。失敗しないための興信所選び、1000件以上の本音の口コミ・評判など。浮気・不倫・盗聴器・素行・電話番号調査など目的別の検索、都道府県・市区町村検索もできます。

皆さんがお悩みの問題を解決でき、幸せな気持ちで帰ってもらえるサイト作りを目指しております。

口コミ | 掲示板 | お問い合わせ | 興信所・探偵選び初心者向けFAQ

都道府県で検索する


北海道地方興信所
北海道:(34)
東北地方興信所
青森県:(8)/岩手県:(3)/宮城県:(13)/秋田県:(2)/山形県:(3)/福島県:(7)
関東北部地方興信所
栃木県:(14)/群馬県:(5)/茨城県:(10)
関東首都圏地方興信所
埼玉県:(14)/千葉県:(22)/東京都:(76)/神奈川県:(29)
甲信越地方興信所
山梨県:(6)/長野県:(4)/新潟県:(5)
北陸地方興信所
富山県:(5)/石川県:(4)/福井県:(7)
東海地方興信所
静岡県:(23)/岐阜県:(6)/愛知県:(44)/三重県:(9)
近畿地方興信所
滋賀県:(5)/京都府:(41)/大阪府:(78)/兵庫県:(33)/奈良県:(18)/和歌山県:(8)
山陰・山陽地方興信所
鳥取県:(2)/島根県:(2)/岡山県:(36)/広島県:(28)/山口県:(11)
四国地方興信所
徳島県:(8)/香川県:(11)/愛媛県:(12)/高知県:(4)
九州地方興信所
福岡県:(70)/佐賀県:(10)/長崎県:(3)/熊本県:(7)/大分県:(12)/宮崎県:(10)/鹿児島県:(14)
沖縄地方興信所
沖縄県:(7)

コンテンツ更新情報

2017/2/5:ネコが迷子になった時に張り紙を張る場所をアップしました。

2017/1/22:ネコが迷子になったときの連絡先をアップしました。

2017/1/21:迷子の猫を探すことができる掲示板集をアップしました。

2017/1/15:ネコ探しポスターのテンプレートをアップしました。

2017/1/10:ネコがいなくなって、初めにすることをアップしました。

過去の更新情報

最新3件簡易興信所更新情報

スピードリサーチ
→ 住所は奈良県生駒郡平群町緑ヶ丘4−1。
TEL: 0745-44-9613
受付時間:年中無休
午前9時〜午後11時
メールによるご相談は24時間受付けている。

東京ハウンド
→ 名称:東京ハウンド
住所: 沖縄県那覇市国場361番地1F
営業時間: 年中無休
非営業日(休日):無し

e探偵社
→ 奈良市にある。
住所は奈良県奈良市西木辻206。

子供の素行調査に力を入れている。
小学校、中学生、高校生の場合は
調査員2人につき5時間で2万円かかる。
(別途機材費や撮影費、交通費がかかる)
報告書については料金に含まれている。

大学生以上の素行調査も行っており
こちらは5時間3万円となっている。

また子供の悩み相談も対応しており、
今働いているバイトを辞めさせたいと思っていたり
引きこもりの子供の悩みにものってくれる。

浮気調査は捜査員一人につき1万5千円(5時間)
結婚調査は10万円〜、家出・行方調査、ストーカー対策は5万円〜
盗聴・盗撮発見は3万円〜

他社でやっていない調査の一つにハッキング対策もある。


最新3件興信所口コミ情報
全ての口コミ

経済情報興信所株式会社について
佐賀 建設業さんの口コミ情報
大阪の経済情報興振所の辻さんから電話がありました。大手より紹介してもらい工事を依頼したいとのこと。社長をと言われましたが外出中と伝えたら折り返しかけてくれと言われました。不審に思い調べたらここを見つけました。社長への連絡も折り返しの電話も不要ですね。皆さんもお気をつけください。 いぇーい辻さんみてるーぅ!?

ココサービス合同調査事務所について
NYさんの口コミ情報
報告書の写真をみてびっくりしました。こんな近くで撮影しててもわからないとは?!夫と浮気相手の顔がバッチリ写っていました。ありがとうございました。

経済情報興信所株式会社について
愛媛県 建設会社員さんの口コミ情報
本日朝の9時半にかかってきました。辻という関西弁の方で取引先から調査依頼があると言って社長に取り次いでほしいと言われましたが、社長は現場に出ていますと伝えたら電話番号を告げて電話をきられました。怪しいと思って検索したらここに辿り着きました。皆さんの口コミ通りでしたので、要注意ですね…

FAQ

興信所FAQ

注目のKW

相談
無料相談
料金
証拠
離婚
携帯・固定電話
GPS追跡
債権・債務問題
人探し
女性
信用調査
個人信用調査

最新5件簡易興信所掲示板書き込み
全ての掲示板書き込み

りくさんの書き込み

タイトル:悪徳業者多いですよ。

しっかり調べてから頼んだ方が良いです。あと猫探偵社。ここだけは絶対にダメです。


りくさんの書き込み
メールアドレス:ryu.touse0422@ezweb.ne.jp

タイトル:悪徳業者多いですよ。

しっかり調べてから頼んだ方が良いです。あと猫探偵社。ここだけは絶対にダメです。


りくさんの書き込み
メールアドレス:ryu.touse0422@ezweb.ne.jp

タイトル:悪徳業者多いですよ。

しっかり調べてから頼んだ方が良いです。あと猫探偵社。ここだけは絶対にダメです。


みけねこさんの書き込み
メールアドレス:mikenekopocky@yahoo.co.jp

タイトル:興信所は信用出来ない

ネットで知りあい、別れたりした期間はあったものの、9年ものつき合いのある彼から、第三者からの誹謗中傷で酷い言葉で別れを告げられ、身に覚えのないことであったことと、長い年月の付き合いにも関わらず、第三者を信用すると言われたことにショックを受け、色々相談した結果、法務事務所から倫理観に関わる問題なので、内容証明を出したほうがいいと言われましたが、長い付き合いでしたが、遠距離恋愛ということと、別れていて期間もあり、彼の住所がわからず、内容証明を出すために調査依頼を何社かにしました。
有名なところからは違法にあたる部分があるから出来ないと断られ、引受てくれた安価なところは安い着手金で、結果が出たら報酬をもらうというシステムの2社をお願いしたところ、1社は判明したときたものの、全然違うとわかり、もう1社は結果が出ませんでしたと言われ、今度はそれなりの料金を明示する興信所にお願いしましたが、自信たっぷりだった割にはやはり、調査結果は間違ってました。高い勉強代でしたが、興信所はほとんど信用できないということがわかりました。


沖縄の探偵さんの書き込み

タイトル:まともなとこない

沖縄でまともな探偵は、あかり事務所か、東京ハウンドだけ。あとは、まともに仕事してない


探偵・興信所 FAQ



探偵社の選び方や探し方でコツはありますか?



信頼できる知人の紹介


もしあなたの知人に聞いて、紹介してもらえるのであれば信用があるかもしれません。

知人も、まったく信用のない企業を紹介してトラブルが起きたら
自分の信用問題にもつながりますので、
どのようなつてなのか、過去に依頼をしたことがあるのか、とか
知り合いが行なっているのかなど、聞いてみましょう。

調査方法が明確になっている



どのような調査が行われているのかを聞いたほうがよいでしょう。
探偵事務所によって、得意とする調査、苦手とするものがある場合もありますし
大規模な興信所は幅広く行なっていることもあります。

調査料金が明確になっている



調査料金が、調査する前から公表されており、明確なところが安心です。
細かい見積もりは、実際の調査内容やスケジュールによって
違いがでてきますが、具体例として、どの調査をどの程度行なって
このような調査資料を送って、いくらいくらかかる
ということが前もってわかると、
依頼する方も概略がつかみやすいです。

直接事務所に行ってみる



実際に探偵事務所にいくと、雰囲気がわかってきます。
小さいから良くないとか、そういうことではありませんが
どのくらいの規模で調査をしてくれるのか、
社員数や、応対の態度、どのような資料があがってくるかなど
直接事務所にいかないとわからないことは多々あります。

場合によっては、店舗がある(電話番号が記載してある)と広告には書いてあるのに
実店舗がないケースもあります。

転送電話といって、電話番号だけ確保して
電話がきたら、本社の方に転送するのです。

たくさん店舗があるように見せかけができるので
電話をした地区で会いたいと伝えたのに
喫茶店など別の場所で会うように言われた場合は、
実店舗がない場合があります。

会う場所を喫茶店などを指定した場合、注意が必要です。
また喫茶店で話すと、周りがうるさく、ゆっくり話ができないこともありますのでおすすめしません。

ゆっくり話ができないと、自分の考えを冷静にまとめることもできませんし
周りの視線も気になることから、相手の言うがままに
契約書にサインをしてしまっりすることにもなりかねません。

また自宅で会うのもあまり好ましくありません。
例えば調査対象が夫の浮気や、家族についての調査だった場合
いつ何らかの理由で帰宅するかもわかりませんし
近所の人が、知らない他人を部屋に招きれているところを見ている可能性もあります。

また悪質な探偵社だった場合、契約する前に、
自宅の住所がばれてしまう危険性もあります。
また自宅の家の状況が裕福だった場合、
相手が見積額に上乗せしてくる悪徳業者もあります。

以上の理由から、できるだけ、こちらから事務所に直接行って話を聞いてみるのがよいでしょう。


探偵社や興信所に依頼するときの注意事項



依頼前に、もう一度考える



依頼を頼もうと思った時、感情的になっていることがあります。
例えば、浮気と思わしき証拠を見つけた時、
すぐに相手につきつけたく、興奮気味に興信所に電話をして
依頼をしたいということもあるでしょう。

ですが、調査料金は決して安くありませんし、
中には悪徳な業者もありますので、
一度、問い合わせをしたあと、本当に頼むのか、一度考える時間があったほうがよいです。
探偵社、興信所選びは慎重に行いたいところです。

依頼の前に質問を充分しておく



調査依頼をすれば、当然金銭的なやりとりが発生します。
わけもわからず、調査依頼をして、後で高い金額を請求された
という例があとを絶ちません。

契約をする前に、疑問に思ったことは十分に質問をしましょう。
調査の方法や、どのようなときに費用が発生するのか、
いつまでの契約にするかなど、予め決めておくべきことはたくさんあります。

相談の段階で、はんこやサインはすぐに押さない



契約書にはんこを押すと、法的に効果があるため、
仮に金銭的に高い請求額をとられても
契約書に書かれていたら、文句が言えません。

文字が多く、読むのは大変かもしれませんが
簡単にはんこは押してはいけません。

特に、まだ探偵事務所や興信所に相談の段階で
契約書にサインをしてしまうと、あとで取り消しが聞かないケースがほとんどです。

相談の段階では、調査して貰いたい概要や、質問事項
見積もりなどを提示してもらうことにして、
契約書は最後の最後で、確実に依頼をすると思った時にサインをします。

調査依頼のための必要な資料は用意しておく



探偵に依頼をすることになったら、
こちらが知っている内容はすべて、探偵事務所に提出しましょう。

下手に隠し事をすると、調査に時間がかかり、お金が余計にかかることもあります。

依頼することが決まったら、調査に必要な資料を持っている場合は提供しましょう。

写真とかは必須でしょう。
尾行調査の場合、相手の住所や
もし相手が車を乗るようでしたら車種や車のナンバー、
浮気調査なら、マッチや領収書、レシート等が資料となります。

また、調査内容について、まとめたものを自分なりにノートなり
レポート用紙にまとめておくのも効果的です。


契約書や料金体系はしっかりと読んでおく



契約書には、様々なことが「わかりにくく書いてあることが多い」です。
例えば、保険の分厚い定款など読む気にもならないかもしれません。

実際に面談を行なってから、問題がないであろうと思って
何も読まずに契約書にはんこを押してしまうと、後で痛い目にあうこともあります。

どのような部分で、費用が発生するのか
規約期間はどのくらいなのか、キャンセルしたときの払い戻しなど
しっかりと目を通しておきましょう。

どこまで調査をするかを明確にする



調査依頼をするときに、どこまでの調査をするのか
明確にしておいたほうがよいでしょう。

具体的な調査内容を聞いておいて、
自分の調査目的と比較して、不必要な調査だと感じたら、
あえて調査をする必要がない場合もあります。

調べたい内容が多ければ多いほど、徹底的に調査をすれば料金はあがります。

例を挙げれば、証拠として提出するものとして
写真のみでよいのか、ビデオなど動画の調査も必要なのかとかです。

自分の解決したいものは何なのか目的を明確にし
探査内容も絞り込みましょう。

調査期間を明確にする



必ずしなければいけないのは、探偵に頼むリサーチの時間を決めることです。
いろいろな料金体系がありますが、
日数計算で、料金を決めているところもあり、
事件解決までお願いする、というような漠然とした取り決めで
依頼をしてしまうと、莫大な金額が請求されることがあります。

3日とか2週間というように、期間を区切って
それまでに成果をあげてもらうようにしましょう。


探偵社の相場はどのくらい?



依頼内容にもよりますが、一般的に
人一人の行動を把握するための、行動調査は
1日15万円〜30万円と言われています。

また聴きこみ調査を行う場合、10万円以上かかることが多いでしょう。

他には子供の家出調査や、失踪した人を探すための
居所を調査する場合、時間がかかりますので
50万円くらいかかると思われます。

また、基本は相談時にお金はかかりませんが
興信所や探偵事務所によっては相談するだけで
お金が発生することもあります。

最初に無料相談できるか、確かめてから会いましょう。

探偵社と興信所ってどう違うの?



探偵社はすぐに想像がつきますが、興信所はどのように違うのでしょうか。

実は「会社が作られた経緯」が違います。

興信所の場合は、金融業をしているところが独立してできた調査機関なのです。

以前から金融系の調査をしている経緯があることから、
企業が社員を雇用するときの調査や経済の動向を把握する調査を得意としています。

例えば、新人君を雇用するとき、変な人材を入れたくない企業は
送られてきた候補の履歴書の人間の調査を興信所に依頼することがあります。

また興信所は、会社間の取引調査をしていた経緯から
いろいろな会社のデータベースを保持していることがあります。

企業調査をするときに、データベースから持ってくるだけで
様々なデータが出てくるため、調査を安価に早くしてくれるところもあるでしょう。

ただし、興信所は新卒採用時期が忙しいことが多いので、
時期によっては依頼が難しいこともあるかもしれません。

また興信所同士の低価格競争もあり、
人件費を抑えるため、手間のかからない方法で簡単に調べてしまい、
低品質な調査報告があがってくることもあるので
注意が必要です。

一方、探偵事務所の場合は、すべてとは言いませんが
尾行調査など足を使って、情報収集をすることを得意としているところが多いです。

探偵社・興信所のトラブルでどんなことが想定される?



想定額より高額の金額を請求された



探偵事務所に限ったことではありませんが
事前に契約をするにあたって、リフォームでも見積もりをしますが
見積もり金額より高い金額が請求されるケースがあります。

一例としては、ある調査を依頼して、最初は3日予定をしていたのに
実際は二週間かかり、倍以上の金額が請求されることがあります。

契約書や料金表には期間ごとに料金が加算されることが明記されているのに
こちらが見落としていたことや、悪徳業者の場合は契約書には明記しても
面談時には言わないことなどがあります。
(調査は3日くらいで終わるといって、事後報告で2週間かかり、
 契約書にもはんを押させたりする)

お金を払っても、報告が来ない!



依頼をしてお金を払ったまではよいですが、
いつになっても、報告が来なく、こちらからどうなったかを
聞かないと何も言ってこないところもあります。

後回しにされているケースや、いい加減に取り扱われている可能性もあるので
契約時に、中間報告をいついつ行うという
取り決めを事前に行なっておきましょう。

相談だけのつもりがいつのまにか契約書にサインを



初めて、相談をするため探偵事務所に相談をするだけのつもりが
営業の人が、しつこく促してきて、契約をしてしまったということもあります。

実際に相談をしたあと、とても丁寧にここまで説明をしたのだから
契約してくれという横暴なケースもあります。
依頼者そっちのけで、契約をあからさまにしようという業者はさけましょう。

こういう場合は、一度持ち帰らせて考えさせて下さいと
一度間を置くことが大切です。

また、相談しただけで、結構な料金がとられたという例もあります。
通常、相談だけなら無料ですが、弁護士相談のように30分や1時間単位で
お金をとるところもありますので、事前に相談だけでお金がかからないかを
聞いておくべきでしょう。

相手に調査がばれた



尾行調査などをしているときに、調査員が未熟で
調査対象者に尾行がばれてしまうということがあります。

尾行がばれて、万が一、依頼主に被害が及ぶようになってしまったら
元も子もありません。

尾行調査が仮にばれてしまったときに、依頼主を明かさない、
契約金についての返却などの取り決めも決めておいたほうがよいでしょう。


調査依頼した内容と報告資料が違う



お金を払い、調査依頼をしたものの、期日になって上がってきた報告書は
的外れな調査報告があがってくることがあります。

面談時に、しっかりと取り決めをせず、調査内容が曖昧だったのか
探偵社がいい加減だったのかは理由はいくつか考えられますが
こちらがとても納得できる内容ではなかったため、再度調査依頼をしても
取り合ってくれなかったり、追加料金がかかるといって
トラブルになるケースがあります。

尾行調査を頼んだのに明らかに自分の知っている事実と違う



単身赴任した夫の浮気調査など、尾行を頼んだものの
あがってくる内容が明らかに事実と違う場合があります。

依頼主が、事前に赴任先の別の信頼できる人に夫が家にいるかどうかを確認したのに
探偵社からあがってきた内容はずっと、自宅にこもっていて何もなかったと
いう手抜きの調査報告があがってくることがあります。
(もちろんその信頼できると思った人が、より関係をこじれさそうと
 嘘をついている可能性はありますが)

その探偵社が信用できず、別の探偵社に依頼をして
2倍お金がかかったという話しも耳にします。

探偵社の依頼方法で、良いコツはありますか?



調査期間を短く設定して、お試しでまずは調査をしてもらう



せっかく高額なお金を払って、依頼をしたのに
悪徳業者にひっかかって、たいした成果をあげられない場合もあります。

そのため、調査期間をはっきりと決めて、分割で依頼をするのもありでしょう。
調査内容にもよりますが、まず相手の実力を試す意味も含めて1日、2日など
ごく短い時間で、どの程度の成果があげられるかを試すのです。
(探偵事務所によっては半日でもやってくれるところがあり)

もし、調査報告書もなく、何もありませんでした、
のような業者でしたら、すぐに切って別の事務所を探したほうがよいでしょう。

1日でも2日でも、調査内容がしっかりとしていて
報告書もしっかりしているかどうかを判断することはできます。

自分の納得いく報告書があれば、残りの仕事も依頼をするというようにすると
リスク分散ができます。